ヤマシンフィルタのクラウド事業者に対するメッセージ

http://www.yamashin-filter.co.jp/ja/topics/topics-7000876063069087168.html

2017年9月22日(金)午前4時9分頃から、同日午後7時15分頃まで、当社ホームページに繋がらない事象が発生いたしました。

ホームページにアクセスいただきました方には、ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

このたびのアクセス障害の原因は、当社がホームページの運用に利用しているクラウドサービスが、第三者によるサイバー攻撃(DDoS攻撃)を受けたことが原因であることが判明しています。

当社といたしましては、クラウドサービス事業者に対し、今後このような障害を発生させないよう、サイバー攻撃への対策強化を強く求めております。

このメッセージちょっと「サイバーセキュリティ対策」の事、理解できていないように見えまして、会社の無知を発信している気がします。

上場企業としてこのお知らせは如何なものでしょうか。「さくらインターネット」のクラウドサービスでホームページを展開しているようですが、恐らく同じクラウドにホームページを預けている他社がDDoS攻撃を受け、ヤマシンフィルタはその煽りを受けたのではないかと推測します。

https://swing-traders.info/strategy/post-563.html

クラウド事業者は、その預かるホームページ全てに対してDDoS対策を施さなければならないのでしょうか。このような発言をする人がいるとすれば、今のセキュリティ対策事情を理解していない人です。DDoS対策は、かなり高額な費用が掛かるため、必要な会社だけで対策に取り組んでいる状況です。

https://swing-traders.info/strategy/post-619.html

DDoS攻撃を受けたくないのであれば、自らDDoS対策を施した上でクラウド事業者を非難すべきだと思います。現時点では、どこの回線事業者もクラウドサービスもDDoS攻撃に対する対策を保証してはいません。寧ろ、執拗なDDoS攻撃を受ける会社は、回線業者から締め出される傾向にあります。

ヤマシンフィルタさんは、これらの事情を理解した上でこのようなメッセージを発信されているのでしょうか。甚だ疑問です。

[amazon_link asins='4798150851' template='AmazonST' store='swing-traders-22' marketplace='JP' link_id='44b46c5d-a180-11e7-81ae-0b85a50b5676']