モバイル決済サービス Pay with Google 

Googleが、Android端末でのアプリやサービスへの支払いを簡易化するサービス「Pay with Google」の提供を開始した。PaypalといいAppleといいモバイル決済の広がり方は加速してますね。

Google PlayストアやGoogleストアでの製品やサービスの購入で使う支払い方法は、Googleアカウントの「お支払センター」に登録する。このお支払センターに登録した方法を、アプリやサービス側がサポートすれば、決済画面に「Pay with Google」ボタンが表示され、これをタップしていくだけで決済が完了する。サービスごとにカード番号やパスワードを入力する手間が省ける。

(出展: ITmedia

世界的に大きな企業が何故こうも同時に同じものを同じタイミングでリリースするのでしょうか。決済サービスなんてポンポン作れるはずないのですが、どんどん企業連携も進んでますね。

Pay with Googleは、リリース時点から多くの米国企業で決済連携サービスを提供するようです。

FANCY ソーシャルショッピングサービス
Instacart 買い物代行サービス
Airbnb 民泊サービス
Stubhub チケットサービス

最近、日本でもPaypal決済や○○ペイメントサービスの決済が流行っているのをご存知ですか?何故だと思います?昔は決済処理自体を自社もアプリケーションで抱える方が主流だったのですが、経産省から指示のあった「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」により、外部の決済サービスを利用することが増えています。

要するに、「利便性やサイト離脱率の低下より、”決済処理手段”を自社に抱える方がリスク(セキュリティ)である」と企業が考え始めたからです。または、カード番号を保有すること自体を回避することを選んだ企業も多くあると思います。

これにより、既存の決済手段を用いたホームページが増えていっている現状があります。ホームページを運営する企業にとっては、ユーザに使ってもらいやすい信頼できる決済手段が安く使えればいいんです。

いまや、ECサイトなどへアクセス比率は、スマートフォンが圧倒的な割合を占めつつあります。ここへモバイル決済がしやすい 「Pay with Google」や「Apple pay」が加わると相乗効果が生まれることは容易に想像できますよね?

私はアルファベットを応援しまーす。願わくば iPhoneでも使わせて欲しい。。

情報ソース: ITmedia

 

関連記事です。

Apple Payも日本上陸ですよ!

https://swing-traders.info/stock/post-1216.html

 

PayPalはFacebookを始め、様々なサービス上で個人間送金サービスの輪を広げていってます。

https://swing-traders.info/stock/post-1214.html

 

モバイル決済は中国で急速に拡大中です。

https://swing-traders.info/stock/post-1208.html

 

日本ではLine PayがATMに対応しました。

https://swing-traders.info/stock/post-1231.html