スマートフォン版どうぶつの森 Direct 10/25配信

ハードが堅調に売れる状況であれば、任天堂は無双状態なんだなも。もう少し株を購入しやすいように株式分割してほしいんだなも。

https://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/20171025/index.html

Super Mario Run が2016年秋の iPhone 7と同時にサプライズ発表、冬に発売(iOS)されたり、ファイアーエムブレム ヒーローズが2017年2月に配信されるなか、どうぶつの森は『2017年度内』(2018年3月まで)へと延期されていました。

スーパーマリオランのように買いきりにはならずに、課金型になることが予想されます。これ系のソフトは、コンセプト次第ではありますがスマホ版を出すことはある程度覚悟が必要だったのではと推測します。

新しい機能や新しいキャラクターを無限に出せてしまうからです。どうぶつの森というゲームは、スローライフを中心とした家(物)づくり、魚釣り、キャラクターとの出会いの空間で成り立っていると思います。

そこには、ある程度のゴールが容易されている訳ですが、スマホ型の課金アプリはサービスが終了しないかぎり、ゴールというものが無いに等しいです。ということは、スマホ版どうぶつの森に満足したユーザは、ハードウェア版を買わなくなる?のではと思いました。

 

と、ここまで考えたところで、アレ?と自分で考えました。

モンスターハンターフロンティアをやる人が、モンスターハンターダブルエックスをしないのか?といったらそうではないなと(笑)

スマホのユーザと、ハードウェアを購入してまでゲームをするユーザは少し違いますよね。スマホ版どうぶつの森は、違う層のユーザを新たに獲得することは間違いないでしょう。

ということは、任天堂の未来と株価は明るいということで私の考えはまとまりました。

情報ソース:GameWatch

任天堂の10/25の株価は?

窓開けで開始して、期待感MAXの状態で動画公開(12:00)。公開ゴーーーール!でそこから下落。開始値と同じ株価で落ち着て引けるというなんとも忙しない一日でしたね。任天堂の未来は明るいままだと思います。私もそろそろ Nintendo Switchが欲しいなぁ~。

[amazon_link asins='B01NCXFWIZ' template='AmazonST' store='swing-traders-22' marketplace='JP' link_id='4f98469b-b993-11e7-b3a4-1b35ecdf6913']

余談

スマホ版ファイアーエムブレムが出たときに、このシリーズが大好きな私は長くプレイすることを考え、自分の好きなキャラクターがでるまで「リセマラ」をしていました。

結果、欲しいキャラクターは出ることなくリセマラ疲れでゲームを辞めてしまう始末。課金ゲームは性に合いません^^;