業績赤字、EV向け減税廃止

アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、ことし9月までの3か月間の決算を発表し、売り上げは前の年の同じ時期に比べおよそ30%増えたものの、開発や増産に必要なコストが膨らみ、最終損益は赤字となるとのこと。

アメリカの電気自動車メーカーのテスラが1日発表した、ことし7月から9月までの3か月間の決算によりますと、売り上げは29億8400万ドル、日本円でおよそ3400億円となり、前の年の同じ時期に比べて29.8%増えました。
これは、主力のセダンにSUV=多目的スポーツ車を合わせた販売台数が世界で2万5000台余りと、前の年の同じ時期に比べて4.5%増えたことなどによるものです。

一方、最終的な損益は開発や増産に必要なコストが膨らみ、6億7100万ドル、日本円でおよそ760億円の赤字となりました。

テスラはことし7月、ほかの車種の価格の半分以下に当たる3万5000ドル、日本円にしておよそ390万円に設定した新型車の「モデル3」の納車を始め、年内には1週当たりの生産を5000台にまで増やす計画でした。

(出展:NHK)

モデル3の納車遅れが懸念されてますもんね。中国に向上も出す予定ですし、生産基盤の拡充に力をいれているのでしょう。

現行のアメリカ法律では、電気自動車の購入者は1台につき最大7500ドル(約85万円)の税額控除を受けられます。下院共和党が公表した税制改革法案に、電気自動車の購入者に対する税制控除の廃止が盛り込まれたことにより、業績赤字予想とあいまって株価が急落しています。

同社の今後の見通しを考えている人や、EV市場の拡大を投資枠と考える人にとっては、現在の株価は押し目買い状態かもしれません。

バッテリー技術担当幹部の退職が判明

米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のバッテリーエンジニアリング担当ディレクター、ジョン・ワグナー氏が退社したことが、同氏のリンクトインのプロフィールで明らかになった。

ワグナー氏はカリフォルニア州でバッテリー・パワートレイン事業を立ち上げるという。退社時期は不明。同氏は2013年に入社し、テスラの全車両と蓄電池「パワーウォール」の技術開発に携わった。

(出展:ロイター)

調べてみると幹部退職記事って結構出てますね。日本人と違ってアメリカ人は職を代えることも多いようですし、このぐらいのニュースでは株価影響はでないんでしょうね。

モデル3量産目標3ヶ月先送り、利益率低下

自動車事業の粗利益率は1年前から10ポイント以上低い18.3%となった。新型電気自動車(EV)「モデル3」の量産立ち上げに苦しんでいる。年度末までに週産5千台に上げる目標を3カ月先送りした。

大型ハリケーンの被害で電力インフラが機能不全に陥っているプエルトリコに、太陽光パネルや蓄電池の出荷を始めたことも公表した。

(出展: 日本経済新聞)

業績下方修正の原因は間違いなく生産遅れですね。将来的には海外への蓄電池の出荷が同社の業績を下支えしてくれるかもしれません。

情報ソース: NHK, ロイター, 日本経済新聞

 

関連ニュースです。

 

Tesla社は、外資系企業初で上海特区に単独EV向上を設立中です。

https://swing-traders.info/stock/post-1229.html

 

Teslaは米国におけるインフラ整備に抜け目がありません。

https://swing-traders.info/stock/post-1166.html

 

EV自動車の周りには、「コネクテッドカー」「自動運転」など様々なテーマ株が散りばめられています。

https://swing-traders.info/stock/post-1137.html