GM、電動化にカジ EV・燃料電池車を20車種以上

米ゼネラル・モーターズ(GM)が2023年までにEVまたは燃料電池者で少なくとも20車種発売すると発表がありました。

3年前後には、世界の自動車大手が一斉にEV生産を本格化させる見通し。GMも主力の中国市場でEV化が急激に進む流れをにらみ、電動化へ一気にカジを切る。

景にあるのは中国市場の動向だ。深刻な大気汚染問題を抱える中国政府は将来ガソリン車を禁止する意向。中国はGMにとって米国を上回る最大市場で、売上高全体の4割弱を占める。

(出展:日本経済新聞)

イギリス、フランスが 2040年以降はガソリン・ディーゼルの販売を禁止する方針をうちだしてますからね。インド政府も、アメリカ企業もEV押しです。どんなに発展しても中国のEV自動車は買いたくありませんが。。(笑)オリジナリティを持った品質の高い商品を排出してくれるようになれば考えます。

しかし世の中EVだらけですね。私もEV関連銘柄にあやかりたいと思い物色していますが、なかなかいい銘柄をチョイスできない。。購入したら報告しますね。

トヨタ・マツダ・デンソー EV連合

スズキが、トヨタ自動車とマツダが電気自動車(EV)の基本技術を共同開発する新会社への参画を検討していることが30日、分かった。トヨタは自動車メーカーに広く参加を呼び掛けており、SUBARU(スバル)も参画を検討中だ。

 大気汚染が深刻化している中国が2019年から一定割合のエコカー生産を自動車メーカーに義務付けるなど、EV投入を促す動きが世界的に強まっている。スズキなどは、新会社が20年をめどに共同開発する技術を活用すれば、効率的にEVを商品化できるメリットがある。

 新会社は「EVシー・エー・スピリット」(名古屋市)で、トヨタとマツダがデンソーとともに今年9月に設立した。 

(出展:時事通信社)

この株買いたい!(笑)スバルやスズキも加われば、ほぼ日本EV連合ですね。ホンダの合流は難しいとは思いますが、やっちゃってない日産は合流してはどうですかね。。

https://swing-traders.info/stock/post-815.html

今はEV関連銘柄から目が離せません。