スポンサーリンク

仮想通貨取引の利益と確定申告時の税金支払いの関係、ビットコイン信者がハマる罠

スポンサーリンク
スポンサーリンク

利益の半分は税金に消える?ビットコインの注意点

国税庁は2017年9月、「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」として以下の内容を掲示した。

今年に入って爆上げを繰り返すビットコイン。今年だけで9倍に膨らんでいます。利益が出たビットコインに対して忘れてはならないのが「税金」である。ビットコインで利益を得た場合、税金はどうなるのか。今年9月、国税庁が公表した見解とは。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。
このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。(所法27、35、36)

ビットコインを使用することによる損益は、「雑所得」として取り扱われることになります。2017年中にビットコインを課金したり、ビットコインを用いて何かを購入したりした場合は、2017年分の所得税として「確定申告」「納税」しなければならない。

仮想通貨を頻繁に取引している人にとっては、利益と思っていた収入がすべて税金に消えるなんてこともあるかもれないので注意が必要だ。

仮想通貨取引による雑収入はサラリーマンにとって鬼

  1. 他の所得と損益通算(例えば株取引における損益と相殺)できない
  2. 損失を繰り越し控除できない。株式投資であれば損益を向こう3年「控除」として計上することで納税を少なくすることができます。
  3. 累進税率といって「株取引のようにどれだけ儲けても20%の課税」で済まずに所得分だけ課税割合が増えていく

ビットコインで億万長者に!という方がいらっしゃるかもしれませんが、上記の税率を見てもらいたい。4000万円の利益を出していたとしても上記所得税に住民税が更に掛かるため、利益の半分以上が税金で持っていかれるのだ。

この事実を世のビットコイン購入者は理解しているだろうか?ビットコインで200万利益を出し、イーサリアムで100万円の損失を出したとしても ビットコイン200万分の税率10%の納税をしなければならない。

ビットコインは、「打ち出の小槌」と思っている人も中にはいるかもしれませんが、確定申告が近くなった今、自分の納税額を一度確認してみることをお勧めしたい。脱税しないように気を付けて下さいね!

情報ソース:President

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ