スポンサーリンク

トヨタ自動車(7203)曰く、「EV市場でテスラ(TSLA)は眼中にない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドイツ紙(シュピーゲル)がトヨタ会長にインタビュー

トヨタ自動車の内山田会長が、ドイツのニュース週刊誌の記者に対して、電池式の電気自動車(EV)はまだ量産する段階にはないとの認識を示しました。この記事の末端が面白い締めくくりでした(笑)

トヨタ自動車<7203.T>の内山田竹志会長は、独誌シュピーゲルに掲載されたインタビュー記事の中で、電池式の電気自動車(EV)はまだ量産する段階にはないとの認識を示した。

内山田会長は「航続距離の長い電池駆動車は非常に高価で、充電に時間がかかる」と指摘。「そのような車は当社の計画にはあてはまらない」と述べた。

トヨタは現在の電池よりも大容量で充電時間が短い新種の全固体電池を開発中だと説明、「この技術は大きな開発ステップになるだろう。しかし実現にはまだ時間がかかる。量産に4、5年かかると予想する」と語った。

トヨタは9月に、提携相手のマツダ<7261.T>とEVの技術開発に向けた新会社を設立した。電池駆動EVの生産拡大競争が激しくなる中、先行する他社に追い付くことが狙いとみられる。両社ともEVでは他社に後れをとっており、EVの乗用車をまだ発売していない。

内山田氏は、米EVメーカーのテスラ<TSLA.O>について「われわれの敵ではない。目標にもしていない」と明言。「テスラを競争相手とみなしているのは独メーカーではないか」と話した。

(出典:ロイター)

いやー、痛快というか正直なトヨタ会長の一言は、トヨタの威厳を感じさせるものですね。EV市場を引っ張っているアメリカのテスラ社は、トヨタのライバルではないと。確かにテスラのライバルとなり得るとしたら、レクサスブランドぐらいですかね。

自分達の顧客層に合った量産化可能なラインナップでEV自動車を用意できていない、とはっきり答えてくれる点は、焦りを感じさせず頼もしい感じです。

ドイツ紙の記者は、トヨタが焦ってるコメントが欲しかったんですかね?

一方、テスラCEOは…

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がトヨタ自動車のEV事業を挑発している。同氏は2日、トヨタが開発しているとされる高容量の新型電池について「サンプルを持ってきてくれ」との表現で商用化に否定的な見方を示した。かつて提携関係にあった2社だが互いの溝は深そうだ。

 トヨタはEVでの遅れを取り戻すため、リチウムイオン電池の倍の容量があり充電時間も数分で済む「全固体電池」を搭載したEVを開発中とされる。決算会見でこのことを問われたマスク氏は「アンドロメダ星雲への瞬間移動のように口では何とでも言える。我々か第三者の研究所で検証させてくれ」と返答。実現可能性に疑問を呈した。

 EVメーカーの大半はリチウムイオン電池を採用しており、テスラは同電池のコスト削減や性能安定化で高い知見を持つ。マスク氏は「電池の量産は何もないところから急に始まるものではない」と述べ、自社技術の優位性に自信を示した。

(出典: 日本経済新聞)

トヨタは2010年にテスラと資本提携し、テスラの電池技術に基づくEV開発を進めていましたが、「技術に対する姿勢が違う」などとして提携関係を解消。16年末までに保有株式をすべて売却しています。

この愚直なまでの技術を大事にする日本のメーカーの態度が、テスラCEOは気に入らなかったのでしょうねぇ。負け犬の遠吠えとまではいいませんが、かなり挑発的で敵対視していることがわかります。

日本は世界に対して商品を売るのは下手くそですが、職人的な技術力は高いですからね。もしかしたら、トヨタや村田製作所が取り組んでいる次世代固体電池は、EV市場を震撼させる発明になるかもしれませんね。

トヨタ社の株価を覗いてみます。11/20

2017年6月~11月に掛けて、「EV関連銘柄」として自動車業界の株価上昇をけん引してきましたが、直近の日産自動車やスバルが発表した「無資格検査」問題で少し下降トレンドに入っているといったところでしょうか。

長期目線で見ると 2019年~2020年までEVネタで上昇していきそうですね。自動車の変革なんてタイミングはそうそう来るものではないので、しっかり銘柄選びをして投資で大きな利益を出したいですね!

情報ソース:日本経済新聞, ロイター

関連ニュースです。

村田製作所のリチウムイオン電池開発に対する意欲は、かなり高いです!

村田製作所(6981) リチウムイオン電池事業への意気込み
村田製作所 2-3年以内に電池事業黒字化村田社長は「種類が多さが利益に結びつかないところもある」と述べ、カスタム品はこれ以上増やさず、標準品での対応を強化する方針を明らかにした。 商品を絞り込むことで管理コストを削減、「2─3年内に黒字化さ...

日産自動車の無資格検査問題は、いろいろ考えると大した問題じゃないように思えてきました。完成検査はメーカー責任で軽微に行うものと国交省が定めていた規定のようですし、輸入車には完成検査は全然行われていない現状のようです。国内出荷分だけ行う完成検査とか意味なくないですか?

テスラ(TSLA) vs 日産(7201)、EVの盛り上がりに水を差す検査不備
国内販売に打撃も 再検査90万台の恐れ日産自動車が免許を持っていない検査員が新車のチェックをしていたことが分かりました。

トヨタは2040年までにガソリン車を廃止するつもりです。

トヨタ(7203) ガソリン、ディーゼルエンジンのみの車種を生産停止
トヨタ自動車の役員がついに発言 少し前に、社長が「既存車種を廃止する」とは言い辛いだろうという記事を書いていました。

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ