株式投資一覧

Amazon(AMZN) 2017年第3四半期業績報告、大好評~

Amazon旋風吹き荒れる! 米国時間10/26の株式市場終了後、Amazonは第3四半期決算を発表し、アナリストの予想を上回る結果を出しました。株価は時間外取引ですぐに7%上昇し、1000ドルの大台に再浮上しました。

Overstock(OSTK)株が再急騰11%高、決算報告に期待?10/27朝

OverStockの株が再急騰しています 本日10/27 四半期決算報告予定です。米証券取引所に対してICO基盤を納入するという情報あり、本業のオンラインストアのクーポン販売が好調?なのかうわさレベルにしか分かりませんが、期待値で株価が急騰して...

IBM(IBM) 至宝「Watson」を基本無償化にする、株価はどう動く?

米IBM、AI「ワトソン」無料に アマゾンに対抗  日本経済新聞社ではアマゾンだけを対抗AIとして掲げていますが、Googleを引き合いに出さないのは何故なんでしょう。。米IBMがワトソン君の基本機能を無償化するらしいです。

トヨタ(7203) ガソリン、ディーゼルエンジンのみの車種を生産停止

トヨタ自動車の役員がついに発言 少し前に、社長が「既存車種を廃止する」とは言い辛いだろうという記事を書いていました。

Amazon Keyサービス誕生(AMZN)、泥棒に合いそうですが・・・

Amazon Keyサービスって知ってますか? Amazonが画期的な新サービスを発表しました。「Amazon Key」というものです。決算発表日に合わせての発表という感じですかね。

任天堂(7874)バブル発生中!~どうぶつの森スマホ版放送だなも~

スマートフォン版どうぶつの森 Direct 10/25配信 ハードが堅調に売れる状況であれば、任天堂は無双状態なんだなも。もう少し株を購入しやすいように株式分割してほしいんだなも。

米国株式市場はダウ最高値、いや騰がるのは嬉しいんですけど・・・

米国株式市場はダウ最高値、キャタピラーや3Mの好決算で 米国株バブル?ダウン最高値更新。今回はキャタピラー、3Mの好決算から続伸したようですね。歴代最高値を記録し続けるダウと日経平均株価ですが、「バブル」という言葉が多くみられるようになりました。

Amazon(AMZN)、米国では3.6人に一人がPrimeユーザ!

米国内で1億人に迫るアマゾンプライム会員数 米国内でAmazonの有料下院プログラム「プライム」の会員数が9000万人になったそうです。約3億人中、9000千万とは生活に欠かせない会社になったといっても過言ではないでしょう。

Google(GOOGL)での支払い方法を他でも使える「Pay with Google」

モバイル決済サービス Pay with Google  Googleが、Android端末でのアプリやサービスへの支払いを簡易化するサービス「Pay with Google」の提供を開始した。PaypalといいAppleといいモバイル決済の広がり方は加...

セブン銀行のATMで「LINE Pay」入出金可能

モバイル決済の流れは来ている! 最近、モバイル決済の記事ばかりですが、ATM入出金に関することを書いた数日後にこのニュースですよ!モバイル決済が世の中の主流となる未来は近そうです。

Tesla(TSLA) 上海に単独EV工場、外資系初

テスラ、上海に単独で工場建設か 米テスラが中国・上海市の特区に単独で工場を建設することを中国政府と合意したと米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じました。中国政府の方針転換でしょうか?

Apple Pay を利用したモバイル決済が急速に拡大中です(AAPL)

Appleが非接触型決済サービスを開始します。 Apply Payって聞いたことありますか?日本でApple Payを用いてスマホ決済処理をしている人はまだまだ少ないと思います。どこで対応しているのかも分かりにくいですよね?

Facebook Messenger経由でPaypal個人間送金が可能に!@米国

遂に手数料無料送金が米国で開始 米国で個人間送金が手数料なしに実現できるFacebook機能がサービスリリースを迎えているようです。家族間の仕送りや友人間での飲み会費用集め、寄付などいろいろな事に使えそうですよね。

中国モバイル決済需要は6億人を突破、日本にもスマホ決済の流れは来る!

中国モバイル決済の利用者は6億人を突破、2020年には8億人に 私は投資家Pではありませんが、モバイル決済って便利ですよね。電子マネーによる決済は、クレジットカード決済が苦手な方にも受け入れられている現状があります。

人口知能Adobe Sensei(ADBE)の画像処理が凄すぎる

その名も「アドビ先生(Adobe Sensei)」!なんとも日本人にはポップなネーミングですね。Adobe先生の実力を見ながら株価をみていきましょう。