スポンサーリンク

人口知能Adobe Sensei(ADBE)の画像処理が凄すぎる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米Adobe Systemsが研究中の技術を発表

その名も「アドビ先生(Adobe Sensei)」!なんとも日本人にはポップなネーミングですね。Adobe先生の実力を見ながら株価をみていきましょう。

Adobe Senseiは、2016年開催の「Adobe MAX」(カリフォルニア州サンディエゴ)で発表した、同社開発の人工知能。日本語の「先生」が名前の由来となったことや、ディープラーニングを使った画像検索、タグ付け画像加工などができることから注目を集めた(関連記事)。

「AI(人工知能)のことを人間のかわりだと思っている人がいる。でも、それは違う。“先生”は、必要なときに使い、いらないときは使わない。人間のクリエイティブとインテリエリジェンスを引き出すためのものだ」

(出典:ITmedia)

本当に日本語の「先生」を意味した人口知能名称みたいですね。このアドビ先生を使うと以下のようなことができます。

Project Scribbler

モノクロの写真やイラストを自動着色する技術

Scene Stitch

コンテンツに応じた塗りつぶしに人工知能を加えた技術

Physics Pak

領域内にグラフィックを埋め尽くす技術

Project Sidewinder

 VR映像を3D化することで臨場感をたかめる技術

Project Quick 3D

 落書きから3Dモデルを検索する技術

Project Cloak

 映像の中の不要なものを削除する技術

何職種かが「AI」に職種を奪われそうな発表ですよね。。AI凄すぎます。私は職業柄、AdobeのFlashの衰退を見てきましたので、Adobeの時代も終わったなぁと感じていたのですが、そんな不安を吹き飛ばす Adobe MAX 2017だったと感じます。

Adobeの株価推移

発表直後に$20の上昇!!これは株主としては嬉しい誤算?でしょうねぇ。この製品が発売したときには、デザイナーが「楽をできる」「コストダウンできる」という発想にならずに、次のステージの創造が可能になったと解釈されるように市場活性化に結び付くといいですね。

情報ソース:ICAmedia,ITmedia

関連記事です。

AIの基軸となるコンピューターボードを開発しているNVDA

NVIDIA(NVDA)約13倍性能のAIコンピュータボードを発表。レベル5自動運転が実現可能に
高性能な自動運転用のコンピュータボードを発表NVIDIA オートモーティブ部門 シニアダイレクター ダニー・シャピーロ氏は「DRIVE PX PEGASUSは320TOPSの性能を実現し、レベル5の自動運転を実現することが可能だ」と述べ、...

AIを利用したFAQ対策で売り上げを伸ばす老舗旅館。仕掛けたのはOracle

老舗旅館がホームページのFAQにAIを導入、予約2桁増 (ORCL)
AIをビジネスに生かす(老舗旅館編) AI(人口知能)がビジネスに生かされるシーンが増えてきました。私の仕事(IT業界)の中でも、ニューラルネットワークや機械学習といった用語が普通にでてきます。そんな中で興味深い記事がありましたので、ご紹介します。

自動運転技術を後乗せパーツで実現を目指すApple

Apple(AAPL) 開発中の自動運転車、これはいいコンセプト
Appleの自動運転車が撮影される Appleの事、よく調べられてませんでした。自動運転技術にも取り組んでいるんですね。いやはや、知識不足でした。

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ