スポンサーリンク

Amazon(AMZN) 2017年第3四半期業績報告、大好評~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon旋風吹き荒れる!

米国時間10/26の株式市場終了後、Amazonは第3四半期決算を発表し、アナリストの予想を上回る結果を出しました。株価は時間外取引ですぐに7%上昇し、1000ドルの大台に再浮上しました。

1株当たり利益は52セントと、わずか3セントとしたアナリスト予測を大幅に上回った。純利益の2.56億ドルも、成長に向けて再投資をすることが通例のAmazonとしては異例の高利益だった。

売上は437.4億ドル、アナリストの一致意見は421.4億ドルだった。これは前年比34%増でもある。8月末に買収を完了したWhole Foodsが四半期売上に13億ドル貢献した。毎年7月に行われるAmazon恒例のディスカウントイベント、プライムデーも四半期の成功に寄与した。

人気の音声制御デバイス、Alexaの成功について誇らしげに語った。「われわれは先月だけで、新たに5種類のAlexa対応デバイスを発売し、インドでAlexaを公開し、BMWとの統合を発表し、Alexaの「スキル」が2万5000を超え、AlexaをSonosのスピーカーと統合し、Alexaに2種類の声を聞き分けることを教えた。

(出典:TC)

流石、グロース株の筆頭、Amazon様です。今までいくつもの記事で紹介してきましたが、ベゾフCEOが最も主張した要素は、アマゾンの人口知能AI「Alexa」でした。

Amazonの収益を支えているのは間違いなくPrime会員とECサイト上の売り上げであることは間違いありませんが、そのPrime会員に勧誘する商品、ツールが張り巡らせされている所がすごいですね。

  1. Prime会員になれば読み放題になる書籍やビデオを視聴しやすいFire HD タブレット
  2. タブレットでは満足できなくなってきたユーザを大画面に誘うFire Stick TV
  3. ワンプッシュで”いつもの”商品購入が可能なAmazonダッシュボタン
  4. 音声で生活をサポートしてくれる AIスピーカー(Alexa使用)

このPrime会員を中心としたビジネスモデルは、これまでいくつのライバル会社の業績を奪ってきたのでしょう。まともに対抗できない企業は、Amazonをライバル視するのではなく、Amazonと共に歩んだ方が生き残れる確率は高いのではと思うほどです。

今日のAmazonの株価は窓開けスタートすることは間違いないでしょう。買場はどこですかねぇ~・・・(;ω;

情報ソース:TechCrunch

関連ニュースです。

Amazon Keyサービスの誕生です。私は怖くて使えません(笑)

Amazon Keyサービス誕生(AMZN)、泥棒に合いそうですが・・・
Amazon Keyサービスって知ってますか? Amazonが画期的な新サービスを発表しました。「Amazon Key」というものです。決算発表日に合わせての発表という感じですかね。

Amazonは「Prime Reading(書籍読み放題サービス)」を最近始めました。

Amazon(AMZN)プライム会員、電子書籍を無料で読み放題
Amazonプライム会員が電子書籍を無料で読み放題になる「Prime Reading」提供開始 ちょっと奥さん!プライム会員ってビデオも見放題、電子書籍も読み放題なんですって!なんてお得!

AmazonのPrimeユーザ数は劇的に増加中です。

Amazon(AMZN)、米国では3.6人に一人がPrimeユーザ!
米国内で1億人に迫るアマゾンプライム会員数 米国内でAmazonの有料下院プログラム「プライム」の会員数が9000万人になったそうです。約3億人中、9000千万とは生活に欠かせない会社になったといっても過言ではないでしょう。

Amazon のビジネス展開を振り返ってみました。

グロース株の巨頭 Amazon [AMZN] は米国株で負けなし
Amazonの株価もう上り詰めるとこまで行った感がすごいですね。25週平均なんてなんのその。蹴散らしながら上昇している感じです。なぜここまで成長し続けるのでしょうか。 Amazonはネット本屋から始まりました。 ベゾスCEOはAmazonを創...

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ