スポンサーリンク

IBM(IBM) 至宝「Watson」を基本無償化にする、株価はどう動く?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米IBM、AI「ワトソン」無料に アマゾンに対抗 

日本経済新聞社ではアマゾンだけを対抗AIとして掲げていますが、Googleを引き合いに出さないのは何故なんでしょう。。米IBMがワトソン君の基本機能を無償化するらしいです。

米IBMは11月から主力製品である人工知能(AI)「ワトソン」の無料提供に踏み切る。企業などは翻訳や性格分析など6つの基本機能を期間の制限なく世界中で利用できるようになる。米アマゾン・ドット・コムが音声認識などに強いAIで先行するが、IBMは汎用性の高い基盤システムとして業界標準化を目指す。無料にすることで開発者の裾野が広がり、AI活用の動きが産業界で加速しそうだ。

米IBMは、ワトソンの「会話」「翻訳」「文章を基にした性格分析」「対話を通じた意思決定支援」「文章を基に感情や社交性を判断」など6つの基本機能を無料で提供する。従来は最低で数百万円程度かかるため導入をためらう企業が多かった。

(出典:日本経済新聞社)

IBMは、自社AIの世界的普及と発展を願って基本無償化に踏み切ったようですが、この「Watson AI」同社の売り上げの2割を占めるほどの宝物だったはずです。

オープンソース化するとまでは謡っていませんが、無償提供することで付加価値を収入として得たいという事が企業としての本音でしょう。

この方式をとる企業は一定数います。多くは、無償化の範囲内で留まる製品開発やサービス作りに留まってしまいますが、付加価値が喉から手が出る程欲しいものであれば大きくビジネスモデルを崩すことはないでしょう。売り上げを有償ソフトウェアサポートで補おうという考え方なのかもしれません。

IBMがこのような無償化に走ったことは過去ありません。そこまで企業として追い込まれている?またはそうせざるをえない事情があったのでしょうか。

無償化またはオープンソース化して世の中に広がっていくためにはいくつか条件があると思います。

  1. 無償の範囲のマニュアルや使い方が丁寧にWebサイトの公表されており、開発者が自分で理解することでAIを使える
  2. 無償ソフトウェアのためのコミュニティが形成され、多くのユーザが技術情報について語り合う

私はエンジニアとしてIBM製品、IBMソフトウェアにかかわった事がありますが、製品に関するマニュアルは非常に少なく、有償サポートを得なければ使い方すら分からない状況に陥ります。つまり、IBM製品は、IBM社員が使いやすいものであって万人に受ける製品にはなっていないことが多いと感じてます。(私の個人的な印象です)

そんな会社が外部にオープンな仕様書を作成してくれるでしょうか。

私の解釈違い?実は、IBMがエンタープライズ開発する際のAIソフトウェア基本料金を無料化するだけ?

要するにソフトウェアを無償提供するだけで、エンタープライズ開発するのはIBM社員であり、初期費用に掛かっていたAI基本料金が数百万円から0円に代わる?という解釈でしょうか。

なんかこっちの方がすっきり納得しました。きっとこっちでしょう。

無料にすることでこれまでの大企業などだけでなく、中小企業はもちろん個人として活動するソフト開発者や学生などにも使ってもらえるようにする。利用者の裾野を広げることで、これまでになかった使い方やサービスの開発を促す。

 高度な機能を使う場合は有料とする。例えばオペレーターと顧客の通話内容を文章に変換するための「音声の文章変換」や、医療データからがんを発見する「画像認識」などの周辺機能を使う場合は有料とする。一定の情報処理能力を超える場合も課金する。

(出典:日本経済新聞社)

うーん記事を見直すと、学生にも使ってもらうとあります。やはりオープンソース化に近い気がします。。分かりやすいマニュアルを出してくれるといいですねぇ。

10/26時点のIBM株価

IBMは22四半期連続の減収による株価が下がり続けていましたが、今期の四半期決算報告で増収・増益を発表し、10/19に株価が急騰していました。その後の評価がまた厳しいですねぇ・・・ガンガン元の25日平均線に向かって押し戻っていってます。

SI企業に対する評価ってそんなものですよね。ジワジワ上がっていけばよいと思いますが、今回の発表を受けて 10/27はどんな株価になるでしょうか。。朝に確認してみようと思います。

広い普及の保証がない「AIの基本無償化」は、思惑相場を逆行させる気がします。その後の四半期報告に掛かってますよね。

情報ソース: 日本経済新聞

関連ページです。

Adobe Systemsが取り組む AI画像処理が異次元です。

人口知能Adobe Sensei(ADBE)の画像処理が凄すぎる
米Adobe Systemsが研究中の技術を発表 その名も「アドビ先生(Adobe Sensei)」!なんとも日本人にはポップなネーミングですね。Adobe先生の実力を見ながら株価をみていきましょう。

Amazon AI「Alexa」は、AIスピーカーだけでなく自動車業界にも広がりを見せています。

Amazon(AMZN) AI「Alexa」自動車業界に拡大 (7201)
日産自動車、アマゾンのAI「Alexa」を導入AmazonのAIアシスタントが日産自動車に導入とのことです。エンジンの始動、ドアロックの施錠・開錠、ヘッドライトの点灯、クラクションを鳴らすなどの操作が可能になる。

AI、人口知能といえばnVIDIAです。

Intel(INTC): nVIDIAに対抗してAIプロセッサ「ネルヴァーナ?」開発中!
Intelがニューラルネットワーク専用プロセッサーNervanaを年内発売ニューラルネットワークとは、大まかな人間の脳の仕組みを模したモデルで、与えられたデータを基に新しい概念を学習することができるAI技術の一つです。ニューラルネットワークという...

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ