スポンサーリンク

AWS(Amazon)、nVIDIA(NVDA)のGPUを搭載したP3サービス提供、NVDA株は$200突破!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

nVIDIA P3ユーザが利用できるAI開発者向けのGPUクラウドを提供 on AWS

nVIDIAは、AWS(Amazonが提供するクラウドサービス)上で、AI開発者向けにGPUクラウドの提供を開始したそうです。

「Amazon Web Services」(AWS)は、同社のクラウドコンピューティングサービス「E3」で、新しいインスタンス「P3」の提供を開始した。このインスタンスは、NVIDIAの「Tesla Volta」アーキテクチャに基づくGPU「Tesla V100」を使用するもので、機械学習モデルのトレーニングを劇的に高速化できるという。

 P3のインスタンスは、大量の演算を必要とする機械学習、深層学習、数値流体力学、金融工学、地震解析、分子モデリング、ゲノムミクスのワークロードを処理することを想定して設計されたものだ。同社は、P3のサービスを使用すれば、高度な深層学習モデルのトレーニングに必要な時間が、数日単位から数時間単位に短縮される場合もあると述べている。P3はNVIDIA Tesla V100 GPUを使用した初めてのインスタンスで、P3のインスタンスは「クラウドで利用できるもっとも強力なGPUインスタンス」だとAWSは述べている。

(出典: zdnet)

この記事事態は、AmazonのP3サービス提供であるため、nVIDIAの役目はAI処理のパーツを提供しているだけですね。しかも Tesla V100という名前がトレンド抑えてますねぇ。

「Teslaの自動運転技術に採用されている」

 ×「AI処理のエキスパートnVIDIA」

  ×「世界最高峰のクラウドAmazon AWS」

今流行の3企業が提供するP3サービスは、世界中のAIサービスを提供する事業者の契約をつかむことでしょう。

nVIDIAはGPUパーツ屋さんからサービス提供者に

さらにNVIDIAも、P3インスタンスユーザーが利用できるAI開発者向けの「GPU Cloud」の提供を開始した。これはAWSのAMIに似たサービスで、開発者に「NVCaffe」「Caffe2」「Cognitive Toolkit」「TensorFlow」「CUDA」などのAIフレームワークを提供して高速なP3のインスタンスを利用できるようにする。

nVIDIAは所詮GPUパーツを開発・製造している会社です。よって、その業績は如何に他の企業や個人に自社パーツを購入して使用してもらうかにかかっています。

今回は、その自社パーツを搭載したAIサービスをnVIDIA自身が提供していることに注目して下さい。これからの世の中は、「AI」を中心としたサービス提供が拡大していくことは間違いありません。そのサービスの中心にはnVIDIAがいます。

nVIDIA株欲しくなったでしょ?私が投資を初めて真っ先に買った銘柄は「nVIDIA」でした。オススメですよ~。

10/27 NVDA株は遂に$200突破!

遂に株価が$200を超えました!ホルダーの皆様、おめでとうございます!まだまだ上がりますよ、NVDAは。ここから調整局面に入って大幅に下落してくれるといいんですけどねぇ。投資は自己責任でお願いします。

情報ソース: ZDnet, Nasdaq

関連ニュースです。

nVIDIAのGPUボードは、自動運転レベル5まで処理可能になりました。

NVIDIA(NVDA)約13倍性能のAIコンピュータボードを発表。レベル5自動運転が実現可能に
高性能な自動運転用のコンピュータボードを発表NVIDIA オートモーティブ部門 シニアダイレクター ダニー・シャピーロ氏は「DRIVE PX PEGASUSは320TOPSの性能を実現し、レベル5の自動運転を実現することが可能だ」と述べ、...

Tesla社の自動運転技術に用いられているAI処理パーツはnVIDIAです。世界中の自動車会社から注目されています。

エヌビディア[NVDA] vs AMD[AMD] テスラ[TSLA] 対決!?
テスラがAMDと自動車向けチップを共同開発中か上記記事の評価から一転、エヌビディアの株価が下がってるなぁと思っていたら、原因はこれかと納得しました。「完全自動運転」へ向けて邁進しているテスラが、半導体大手であるAMDとチップ開発で協力して...

AWSはインターネット界で最高のクラウドサービスです。

グロース株の巨頭 Amazon [AMZN] は米国株で負けなし
Amazonの株価もう上り詰めるとこまで行った感がすごいですね。25週平均なんてなんのその。蹴散らしながら上昇している感じです。なぜここまで成長し続けるのでしょうか。 Amazonはネット本屋から始まりました。 ベゾスCEOはAmazonを創...

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ