スポンサーリンク

Amazon、イーサリアム決済を検討中!?思惑ワクワク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米Amazonが仮想通貨決済を検討中か?

誰もが買ってみたい株、Amazon。9月にビットコイン決済を導入するなどの噂が流れていました。オンラインショッピングの最先端にいるAmazonが導入する仮想通貨決済はどの通貨でしょう?

2017年9月、アマゾンがビットコイン決済を始めるというニュースが飛び交いました。しかも10/26までに導入予定との期限情報付き。

Amazon will soon begin accepting Bitcoin, which they will officially announce as early as October 26th during their earnings conference call.

BREAKING: Amazon Will Accept Bitcoin By October
According to James Altucher, Amazon will begin accepting bitcoin by October

そして~現在。導入されてまてーん!まぁ、Amazonによる発表じゃないので信憑性に欠けますよね。

このニュースがあって、次はイーサリアムです。Amazonが仮想通貨(暗号通貨)に関するドメインを取得していることが分かりました。

  1. amazoncryptocurrencies.com
  2. amazoncryptocurrency.com
  3. amazonethereum.com

いずれのドメインも、Whoisを参照すると米Amazon社の所有物であることがわかります。

Domain Name: amazoncryptocurrencies.com
Registry Domain ID: 2181757147_DOMAIN_COM-VRSN
Updated Date: 2017-10-31T13:40:57-0700
Creation Date: 2017-10-31T13:40:57-0700
Registrant Name: Hostmaster, Amazon Legal Dept.
Registrant Organization: Amazon Technologies, Inc.

取得日が10/31ですねぇ。

この中でも目を引くのが、「amazonethereum.com」という名前です。とりあえずイーサリアムで何かをしようとしている、何かを検討していることは間違いないですね。

ちなみに「amazonbitcoin.com」もAmazon社が保有していました。これらのことから予想できるのは、

  • Amazonが仮想通貨取引所の開設を検討している
  • Amazonが仮想通貨決済の導入を検討している
  • Amazonが独自暗号通貨の導入を検討している

ぐらいでしょうか?AmazonはPrime会員だけで1兆円の利益を出す会社です。イーサリアム通貨の高騰に影響を与えてしまうかもしれませんね。

情報ソース: domainnamewire

関連ニュースです。

値幅制限のある暗号通貨の開発も行わているようです。

仮想通貨決済システム増加、値幅制限の仮想通貨開発に動き
仮想通貨の決済システム提供の動き相次ぐ NHKニュースより、仮想通貨を利用した決済システム提供の動きが加速しているとのことです。仮想通貨周りの決済ビジネスには資金が集まっていますね。

2017年11月現在、ビットコイン分裂バブル発生中です。

ビットコイン分裂バブルとは?他の仮想通貨も暴騰・暴落影響を受けるでしょう
ビットコインに分裂バブル 11月に第4の新通貨 つい最近、ウォーレン・バフェットによるビットコインバブル発言がありましたが、ビットコインにインフレが発生しているのは間違いありません。

リミックスポイントは、仮想通貨取引所として奮闘中です。最近MSワラントを発表し、株価暴落中ですが、年明けには明るい未来が待っているはず!?

リミックスポイント(3825) 第三者割当 新株予約権発行
第三者割当による資金調達 リミックスポイントは、この度(10/3)、第三者割当による新株予約券発行、つまり外部からの資金調達をという手段を行使しました。株初心者にも分かりやすく今回は記述を頑張りたいと思います。

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ