スポンサーリンク

ベゾス氏、Amazon(AMZN)株を11億ドル相当売却、次のビジネスは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon CEOが始める次なる一手

Amazon CEOが次に目指すビジネスは、有人宇宙飛行みたいですね。宇宙ビジネスはお金を持ってる人が始める道楽なんですかね。( ・ิω・ิ)

 米アマゾン・ドット・コムの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が今週、同社の株式を100万株売却していたことが、3日の米証券取引委員会(SEC)への届け出で分かった。ベゾス氏は持ち分の1.3%にあたる11億ドル(約1250億円)相当を手放した。売却後、持ち株比率は16.4%になった。

ベゾス氏は4月、有人宇宙飛行を実現させるために自ら設立したベンチャー企業ブルーオリジン向けの資金を確保するため、アマゾンの株式を年10億ドル相当売却する考えを表明していた。同氏は最近、アマゾン株の上昇で世界一の富豪となっていた。

(出典:Bloomberg)

有人宇宙飛行に取り組むCEOは、ベゾス氏だけではありません。スペースXを率いるイーロン・マスク氏(テスラ社CEO)もその一人です。

スペースX 世界中を30分で移動できる移動手段を発表
ロケットで世界中を30分で結ぶ計画を発表 スペースX社が有人宇宙船で世界中を60以内で移動する計画を発表しました。(写真はドラゴン2)

資産を持つ人が始める究極のビジネスは、「宇宙」に行きつくのかもしれませんね。宇宙ビジネスさえ成功すれば、その飛距離を伸ばせば伸ばすほどその需要は高まっていくでしょう。その次は、テラフォーミング(他の惑星を地球化する)ですかね!

地球が太陽に飲み込まれる前に、人類はどこまで羽ばたいていけるんでしょうか。ベゾス氏は宇宙ビジネスのゴールをどこに据えて活動しているんでしょうね。

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ