スポンサーリンク

Amazon(AMZN)に続き、Salesforce(CRM)がGoogle(GOOGL)と提携を発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Salesforceの狙いは?

SalesforceとGoogleは本日(米国時間11月6日)、Salesforceのツールと、GoogleのG SuiteおよびGoogle Analyticsとのクラウド連携を発表しました。Salesforceの販売戦略を考えてみましょう。

「推奨プロバイダー」(preferred provider)という部分に聞き覚えがあるかもしれない、そう2016年5月にSalesforceはAWSと似たような契約を結んでいるのだ、確かそこではSalesforceはAWSを…(ああやっぱり)…「推奨クラウドプロバイダー」と呼んでいて、同様に国際インフラ拡張にも注意を向けていたのだ。

Salesforceが、2つの国際的な推奨プロバイダを持っても何の問題もないし、AWSは引き続きSalesforceのパートナーなのだが、その外からの見え方にはちょっとした変化が加わったかもしれない。Microsoftも同様にそれを感じているだろう、なぜなら今回のGoogleとの契約の一部では、G SuiteがSalesforceの推奨電子メールならびにプロダクティビティプロバイダーとして挙げられているのだ。もちろん、SalesforceはOutlookならびにOffice 365との統合を続けて行くが、ここで同社は、Microsoftに対して1つのメッセージを送ったことになるのかもしれない。

(出展:TC)

Salesforceってどんなツールだかご存知ですか?簡単にいうと「営業支援ツール」ですね。受注監理をしたり、営業報告を書いたり、売り上げの計算をしたり、タスク管理したり色々な機能を持ち合わせています。

下手に社内システムを開発するよりSalesforceを契約した方がよっぽどコスト安になるんじゃないかと思うぐらいです。

そんなSalesforceがGoogleとパートナーシップを契約したというニュースが上記です。Salesforceの狙いは自社ツールの販売拡張ですので、クラウドプラットフォーマーとの連携を強め売り上げを強めていきたいわけですね。

SalesForceは過去Microsoft社との関係を強め、「Dynamics 365」という共同サービスを開始した背景がありましたが、Office365にSalesforceの市場を荒らされる形となり、両者の関係がうまくいかなくなっているようです。

そこで、SalesForceは他のクラウドベンダーとの連携を強め、再攻勢に出ようとしている形です。

SalesForceの株価は?

2016年年末から順調に上昇起動を描いてますね。同社株の購入を検討されている方は、Salesforce(CRM)かOffice365(GOOGL)どちらが優れているかを見極め、市場に参加すると良いと思います。私個人としては Salesforce推しですね!

情報ソース: techcrunch

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ