スポンサーリンク

イオン(8267)グループ、全店舗で成人雑誌の取り扱いをやめる方針

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イオンは青少年のモラル崩壊を防ぐために成人雑誌販売を停止します!

いや、表題の内容は面白可笑しく書いただけです。イオンが、成人向け雑誌の取り扱いを2018年1月からやめる方針を固めたそうです。

イオンが展開するコンビニエンスストアの「ミニストップ」は21日、まず千葉市内の店舗で先行して来月1日から成人向け雑誌の取り扱いをやめ、来年1月から全国に拡大すると発表しました。

さらにイオンでは、コンビニに加えてスーパーや書店などグループの全国すべての小売店およそ7000店を対象に、来年1月から成人向け雑誌を取り扱わない方針を固めました。

成人向け雑誌の取り扱いを全面的にやめる理由について、イオンでは、女性や子どもが店舗を利用しやすい環境を整えることに加え、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、一般の小売店で成人向け雑誌を取り扱うことが少ない外国からの旅行者にも配慮する必要があると判断したためと話しています。

(出典: NHK)

2020年、東京オリンピックに向けてコンビニから所謂エロ本を廃止する動きは、ひと昔前からありましたよね。この程度のニュースで株価が変動するとは思えませんが、今後のコンビニ界の動きに注目したいところです。

エロ本が性教育の一環だとは言いませんが、コンビニのエロ本って「勇気を持ってエロ本を買う少年にとっては掛け替えのない手段」だったのですよ!それも1990年代までの話かもしれませんけどね。コンビニからエロ本が消えなかったのは、売り上げ貢献のツールになっていたことは間違いないと思います。売れない商品を飾ってても仕方ないですしね。ATMや定番のおでんは、集客効果となり売り上げにもつながるからこそコンビニにおいてあるはずです。

一定のニーズを満たしていたツールである成人雑誌は、無くなることで一定の顧客層を失うきっかけになると考えれば、結構な痛手になるのかもしれません。

少し私なりに売り上げが下がる要因を考えました。

  • 年配の方々が買うことを考えるとコンビニを利用する機会が減り、一緒に購入されるタバコやコーヒーの売り上げが下がる。
  • 田舎だと書店が少ないので、コンビニでかえる成人雑誌は無視できない売り上げになる
  • 青少年が成人雑誌だけを買うことが恥ずかしいが故に、一緒に買う商品(あわよくば表紙を隠す)の売り上げが下がる

いろいろ考えると、「成人雑誌を買いたいが故に抱き合わせで買われる商品が減る」「別の目的で来店し、ついでに成人雑誌を買っていく」などのケースで売り上げダウンにつながりそうです。

短期的に見ると売り上げ減にはなりそうですが、今の時代「インターネットであふれんばかりのエロを手に入れることができます」からね。。天下のAmazonさんで電子書籍を手に入れることもできます。

コンビニのエロ本は、時代と共に淘汰されるべき商材なのでしょう。

しかし、イオンさん!全てのITはエロに通ずることを忘れないで頂きたい!

IT業界に勤める人は、なんとなく感じることだと思うのですが、どんな時代でもITというものはエロパワーを使って進化しているものなんです。

  • エロ本を如何に人に知られずに手に入れられるかを追求した魂が「オンライン書籍販売」や「電子書籍」の普及を拡大
  • エロビデオを劣化なく見たい魂が「VHS」や「DVD」の普及を拡大
  • エロ動画を如何に高速回線で見たいかという魂で「インターネット回線の高速化」や「大規模動画配信」、「ストリーム配信」の普及を拡大
  • 鮮明なエロ画像、エロ動画が見たいが故に、「TVの解像度アップ」「画質の改善」が行われる

極端な例を挙げてしまっているのかもしれませんが、ITはエロ発想が先行して生まれるもの需要拡大が発生するものが多いんですよ。

エロから始まるIT発想をやめては企業成長は止まります!(な訳はない・・・が、最先端を走るには必要なこともあるのは事実)

日本のコンビニ店における成人雑誌販売は無くなっていきますが、また違う角度でITの進化が生まれてほしいです。

イオンの株価 11/21終値

今年はヨコヨコ株価を続けてますね。年初高値を最近更新した感じのようです。チャートは若干下降トレンドを描いてますので、本ニュースも思惑相場を生む内容ではりませんし、優待目的でもなければ買い時ではなさそうです。

情報ソース:NHK

関連ニュースです。

Amazonは、Amazon Prime会員向けに書籍読み放題サービス「Amazon Reading」を開始しています。読みたい本があるのかどうか一度覗いてみることもいい暇つぶしになりますよ。

Amazon(AMZN)プライム会員、電子書籍を無料で読み放題
Amazonプライム会員が電子書籍を無料で読み放題になる「Prime Reading」提供開始 ちょっと奥さん!プライム会員ってビデオも見放題、電子書籍も読み放題なんですって!なんてお得!

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ