スポンサーリンク

全固体電池開発をめぐる戦い、豊田vs村田vsTDK!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全固体電池ってなんですか?

東京モーターショー2017で次世代のリチウムイオン電池「全固体電池」の実用化を目指す方針を明らかにしたトヨタ自動車。

トヨタが東京工業大学と開発中の全固体電池は、現行の可燃性液体電解質をつかうリチウムイオン電池の1.5倍の容量で3倍以上の出力を発生、急速充電も可能と報じられています。

電解質が固定であることで、液漏れが無く環境温度への依存性が少なく、高温・低温地域での利用時にも著しい低下がないとのこと。

トヨタではEVの量産に向け、走行距離を飛躍的にのばすための全固体電池を巡り多くの技術者を投入し、2020年代前半の実用化を目指して開発を加速しており、同技術の特許出願件数で世界トップに躍り出ているとのこと。

最近ではEV自動車の普及に向けて、トヨタ・マツダ・デンソーが出資する新会社誕生も話題になりましたね。

全固体電池を取り巻く本命銘柄

2017年11月時点で全固体電池に関する本命銘柄は、タイトルの会社3社だと思います。

  • トヨタ自動車(7203)

トヨタ自動車は25日、2020年代前半に電気自動車(EV)などの航続距離が大幅に延びる次世代の「全固体電池」を実用化する方針を明らかにした。200人超の技術者が開発を進めているという。グループ創始者の豊田佐吉氏が多額の懸賞金で高性能蓄電池の発明を募ってから約90年。新型電池はトヨタのEV戦略の切り札になるか。

情報ソース: 日本経済新聞

今までEVに力を入れなかったトヨタが、ここへきて大きな舵を切りました。ハイブリッド市場を先導した会社が遂にEV業界へ参入です。しかも、マツダ・デンソー・スバル・ダイハツなど協力会社を携えている状況もあり、世界のEVインフラの拡大にも貢献することは間違いないでしょう。

そして自動運転技術のnVIDIAが重なれば、人類の変革期とも呼べる次の100年を築き上げるかもしれません。

  • 村田製作所(6981)

村田製作所(6981) リチウムイオン電池事業への意気込み
村田製作所 2-3年以内に電池事業黒字化村田社長は「種類が多さが利益に結びつかないところもある」と述べ、カスタム品はこれ以上増やさず、標準品での対応を強化する方針を明らかにした。 商品を絞り込むことで管理コストを削減、「2─3年内に黒字化さ...

9月にソニーの電池事業買収で参入を果たした村田製作所は「まずは追い上げが優先」(村田恒夫会長兼社長)とし、スマホ向け電池を生産する中国工場(江蘇省無錫市)とシンガポール工場の2拠点で、能力増強を進める計画。

 同時に全固体電池など安全性向上に向けた開発も進める意向だ。電池事業で17年度は営業損益で50億円の赤字を見込むが、2―3年をめどに黒字化を目指す。

(出典:ニュースイッチ)

ソニーを買収した村田製作所は、携帯向けリチウムイオン電池開発の黒字化と全固体電池開発を同時に進めていく模様です。パナソニックに大きく溝を開けられている状況ですが、採算がとれると踏んだ買収でしょうし、日本をけん引する技術力を見せつけてくれるのではないかと同社の社長には期待を持ってしまいます。

  • TDK (6762)

TDKは21日、2018年4月をめどにセラミック全固体電池を量産すると発表した。量産化は世界初とみられる。電解液を使用していないため、リチウムイオン二次電池と比べ安全性が高い。1時間当たりの放電容量は100マイクロアンぺア(マイクロは100万分の1)と小型ボタン電池と同等で、ハンダ付けや基板実装できるよう小型化した。IoT(モノのインターネット)機器や通信機器の電源としての用途を見込む。

(出典:日刊工業新聞)

他社が2019年~2020年を目途に実用化を目指している中、TDKが一歩リードするニュースです。なんと来年4月には全固体電池の量産化に入ると。これは株価の上昇が期待できますよね。この全固体電池に対応した急速充電機に今後は注目していきたいです。

関連ニュースです。

今年、EV市場に本格参入したトヨタは、先行するテスラを鼻の先にも掛けていない状況のようです。

トヨタ自動車(7203)曰く、「EV市場でテスラ(TSLA)は眼中にない」
ドイツ紙(シュピーゲル)がトヨタ会長にインタビュー トヨタ自動車の内山田会長が、ドイツのニュース週刊誌の記者に対して、電池式の電気自動車(EV)はまだ量産する段階にはないとの認識を示しました。この記事の末端が面白い締めくくりでした(笑)

2040年までにガソリン車はどんどん影を潜めていきそうですね。私もハイブリッド車に乗っているモノですが、もうガソリン車に戻りたくありません。

トヨタ(7203) ガソリン、ディーゼルエンジンのみの車種を生産停止
トヨタ自動車の役員がついに発言 少し前に、社長が「既存車種を廃止する」とは言い辛いだろうという記事を書いていました。

EV自動車の周りには、「コネクテッドカー」「自動運転」など様々なテーマ株が散りばめられています。

NVIDIA(NVDA)約13倍性能のAIコンピュータボードを発表。レベル5自動運転が実現可能に
高性能な自動運転用のコンピュータボードを発表NVIDIA オートモーティブ部門 シニアダイレクター ダニー・シャピーロ氏は「DRIVE PX PEGASUSは320TOPSの性能を実現し、レベル5の自動運転を実現することが可能だ」と述べ、...
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ