スポンサーリンク

アンジェス(4563)、ストップ高到達。国内初遺伝子治療薬は甘い蜜?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

11/24開発進捗報告より翌営業日を迎えて

アンジェスが遂にやってくれました!私が唯一、注目しているバイオ銘柄です。「国内初」かも!?という所に夢と希望を持てます。今日は、アンジェスニュースを追いかけてみます。

今日のアンジェスは寄り付きより、ストップ高気配で始まりました。先週金曜日に「申請遅延するけど会社は申請するつもりです」IRを発砲しまして、その情報をどこまで信頼して株購入に至るかが本日問われるシーンでした。

結果!ストップ高到達!おめでとうございます!!

会社が出したIRが信用するに足る内容だったと、個人投資家または機関筋が認めた形ですね。ここからの思惑相場が更に面白そうです。

アンジェス(4563)、日本初遺伝子治療薬 申請まで間近、年明承認か?
アンジェス、HGF遺伝子治療薬、開発進捗報告 11/24のザラ場後、アンジェスが開発中の新薬に関するプロジェクト進捗状況を報告するIRを発表しました。日本初の遺伝子治療薬の創薬に向けて頑張っていますね。

今年の6月からアンジェスの相場が始まりましたので、そろそろ信用買い残の整理も来る頃です。株価の上下には十分に注意したいタイミングかと思います。にしても、成り買い注文1,100万残したまま大引けですか・・・。今週の買い煽りとストップ高連発が楽しみですねー!!

小生は、少額ホルダーですが人生初のストップ高だったので、本日は気分が高揚しております。どこまでぐっと握りしめられるかな( ^ω^)・・・。また微益撤退になりそうです(笑)

朝日新聞のニュース

マザーズ上場の創薬ベンチャー、アンジェス(4563)に買いが向かっている。27日は朝方から買い気配が続き、まだ売買が成立していない。午前10時30分現在、制限値幅の上限となる前週末比100円高の646円での買い気配となっている。24日、重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬について、医師主導型臨床研究で申請が可能となる結果を得ることができたため、準備ができ次第、厚生労働省に再生医療等製品の製造販売承認申請を行うことにしたと発表。これに期待した買いが広がった。

臨床研究の結果などを踏まえて承認申請をすべく、承認審査を行う独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)と事前面談を行うなど今秋の申請に向けて準備を進めてきた。現在はPMDAとの面談で求められた事項に関する最終的な作業を行っており、その準備が整い次第速やかに国内承認申請を行うとしている。

(出典:朝日新聞)

「申請を行うことにした」という思惑で株を買わせるのが憎いですね。アンジェスはワラント発生中ですから、割当先会社は権利行使をしてくるかもしれません。希薄化に負けずに上昇するといいですね。

逆に「申請が前提となる」買いが集まっている形になるので、これから申請が確実となった際にまた踏み上げるかどうかが直近の気になる点です。アンジェスが更に株価を上げる材料は以下です。

  • HGF遺伝子治療薬の承認申請完了  (年内?ほぼ確実?)
  • HGF遺伝子治療薬の条件付き承認 or 否認 (2018年3月頃まで?)
  • HGF遺伝子治療薬の米国における承認申請 (国内承認の後)
  • DNA ワクチン(高血圧)の来年治験
  • 椎間板性腰痛症の治療薬開発(NF-κB デコイオリゴ DNA)

株価を上げるには十分な材料だと思います。しかし、バイオ知識がないため、私は賭博株状態です・・・。決して真似をしないでくださいね。自己責任でお願いします。

意外と今回のアンジェスを報じているニュースがない。

2008年3月31日 

アンジェスMGは3月28日、末梢性血管疾患の閉塞性動脈硬化症とバージャー病を適応症に、HGF遺伝子治療薬(一般名:ベペルミノゲンペルプラスミド)の承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。遺伝子治療薬としては、日本で初めての承認申請となる。

 HGF遺伝子治療薬は、肝細胞増殖因子HGFを産生する遺伝子を虚血部位に投与することで、局所にHGF蛋白を発現させ、血管新生を促して虚血状態の改善を図るもの。国内大学の研究成果に基づく国産遺伝子治療薬として、日本での開発が先行して進められてきた。昨年6月には、閉塞性動脈硬化症患者を対象に実施された国内第III相臨床試験で、良好な中間解析結果を得た。

(出典:薬事日報)

このニュースからもう10年が経とうとしているんですね。前回は、治験結果が少なすぎるということで承認が下りない結果となりました。

2018年3月は、株価が2,000円をオーバーしていたんですね。前回の国内初遺伝子治療薬承認申請にかなり期待がかかったことが分かります。

2013年3月28日

アンジェスMG<4563.T>がストップ高。虚血性疾患治療剤「コラテジェン」の米国での第Ⅲ相臨床試験でFDA(米国食品医薬品局)とSPA(特別プロトコール査定)で合意したことをきっかけに人気を集めており、日本臓器製薬とNF-κBデコイオリゴによる腰痛疾患を適応症とした国内独占開発販売権について契約を結んだことが支援材料になった。全般手掛かり材料難のなか、上げ足の軽さが短期資金を呼び込んでおり、ここ1カ月で株価は2倍以上に値上がりしているが、買い気に衰えは見られない。

(出典:minkabu)

2013年にもコラテジェンの米国臨床試験でアンジェスに注目が集まりましたが、試験中止という流れとなり、また株価は下落しましました。

これらの事から言えることは・・・。バイオ株

どの銘柄もそうですが、思惑相場の時が株価が最も上昇していますね。承認申請後の結果次第なところはありますが、承認結果を待つより承認に期待を持てる期間が株価上昇率が高い気がします。

ということは・・・「アンジェスにとって今が一番株価が上昇する期間」です!10年越しの会社の取り組みは、果たして承認という勝利を掴むことができるでしょうか?

情報ソース:minkabu, 薬事日報, 朝日新聞 

関連ニュースです。

アンジェスは国内初遺伝子治療薬の承認に向けて邁進中です。

アンジェス(4563)、日本初遺伝子治療薬 申請まで間近、年明承認か?
アンジェス、HGF遺伝子治療薬、開発進捗報告 11/24のザラ場後、アンジェスが開発中の新薬に関するプロジェクト進捗状況を報告するIRを発表しました。日本初の遺伝子治療薬の創薬に向けて頑張っていますね。

仕手株アンジェスを夏ごろ覗いてました。こんな株価下落は、毛が抜けますね・・・。

アンジェス(4563)を考えてみる
8/28はアンジェス<4563>が面白い値動きをしたので、初心者トレーダーとして少し考えたことを書き留めてみようと思います。まさにジェットコースター!! バイオ株にとっては増資は、日常茶飯事とまではいきませんが、そんなに珍しいことで...
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ