スポンサーリンク

2017年6月に続き、半導体・グロース株全般、下げラッシュ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

押し目買いのチャンス到来です!

最近、高値掴みをしてしまう状況が続いてるんですが、グロース株大きく調整中です!下がってウキウキしてしまう私はマゾでしょうか。

4日の米国株市場ではアマゾン・ドット・コムが2.4%安、エヌビディアが5.6%安、マイクロソフトが3.8%安、マイクロン・テクノロジーが5%安などテクノロジー株が売られた。半導体主要企業で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は2.5%安と大幅続落し、10月19日以来の安値を付けた。米S&P500種株価指数の業種別11指数では、循環物色によって投資対象から外れた情報技術が値下がり率トップとなった。

「テクノロジー株のファンダメンタルズは悪くない。ただ米国株全体のバリュエーションが高い中で、海外投資家は12月末の決算を控えて上昇率が高かったテクノロジー株に決算対策売りを出している可能性がある」と、SMBCフ証の松野氏。個人についても「年末特有の税金対策で利益が出ている銘柄はそうでない銘柄と合わせて売られる対象になる」とした。債券や為替市場から判断してマーケット全体の市場心理が大きく変動したわけでもないとし、テクノロジー株には「循環物色の影響が出ている」とみていた。

(出展: Bloomberg)

ブルームバーグ様が、「ファンダメンタルズ悪くない」って述べてる訳ですよ。お墨付きもらってるようなもんじゃないですか。短期的にはまだ下げる場面も出てくるでしょう。ですが、私的には買い場面です。

Amazonは押し目買いとは言い難い状況ですかね^^;私の見解は以下です。

  • 米国株(グロース、半導体分野)の下落は、2017年6月と同じ利確・狼狽売りの調整局面
  • 対象銘柄のほとんどは下落材料を伴っていないため、調整であると断言しやすい。
  • 上記影響でナスダックは下がっているが、ダウは上昇している。
  • アメリカの法人税減税政策の影響でバリュー株(配当銘柄、低PERの倒産しにくい会社)の買いが進み、グロース株が減退している。

これらの理由から、NVDA今夜買い増しです!!13週タッチなんてめったにありませんよ。逆に割り込んだらごめんなさい。今日は眠れるかなぁ。。

情報ソース: Bloomberg

関連ニュースです。

nVIDIAは直近の決算で過去最高の売上高を記録しました。

nVIDIA(NVDA) 売上高32%増 過去最高 、株価の動きは
nVIDIA 堅調すぎます 画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが8~10月期の決算を11/9に発表しました。株価は調整局面に入ると思いきや・・・

nVIDIA関連の国内株は少なからず存在します。nVIDIAの業績と連動することも多いのでぜひ注目して下さい。

nVIDIA[NVDA]関連銘柄(国内株)に注目!
今更聞けないnVIDIAの凄さいやーnVIDIAホームページは難しい言葉ばっかりですよね。これでは、この分野に詳しくない人には何をやってる会社なのか理解できません。そこで私なりに表現してみた過去記事はこちら。GPUと自動運転が頭で結びつき...

nVIDIAが所有する自動運転技術を追随できる会社はそうそういません。

NVIDIA(NVDA)約13倍性能のAIコンピュータボードを発表。レベル5自動運転が実現可能に
高性能な自動運転用のコンピュータボードを発表NVIDIA オートモーティブ部門 シニアダイレクター ダニー・シャピーロ氏は「DRIVE PX PEGASUSは320TOPSの性能を実現し、レベル5の自動運転を実現することが可能だ」と述べ、...
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ