スポンサーリンク

Alibaba(BABA)、間も無く”自動車”自動販売機が稼動!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アリババ、自動車を自動販売機で売っちゃうよ

中国のアリババがもうすぐ自動販売機で車を売り出します。なんともバブリーな自動販売機ですね。中国国民が求める形を提供することになるのでしょうか?

試乗プロセスは、顧客がAlibabaの淘宝網(タオバオ)アプリを使って、試乗してみたい(そしておそらくは買いたい)車を、カメラを使ってスキャンするところから始まる。システムが車両を認識できると、次に色を選ぶことができる。そして基本情報と自撮り画像を送信して、もし車両が空いていれば試乗予約が行われる。

その後、顧客は無人の自動販売機施設に向かい、自分の顔を見せる(このために自撮り画像を送っていたのだ)、この段階で注文が参照され、車が出庫される。

試乗期間は3日間である。その後、淘宝網経由でそのまま車を購入したり、別のモデルの試乗を予約することができる。

(出典:TC)

まさに、自動販売機でコカコーラを買うかの如く、自動車を購入することができる建物のようです。しかも試乗期間が「3日間」もあるという優れもの。試乗時に事故とか置きそうですし、犯罪にも利用されたりしそうですよね。そのまま海外に違法に輸出したりとか。中国ならありえそうです(笑)保険も無い状態だと怖いですよね~。

果たしてどんな車種が自動販売機で売られることになるのでしょうか?

アリババ、12/22の終値

短期的なテクニカル的には買いのポイントですね。25日平均線を下回るアリババ株価は年初来かもしれません。長期的な目線だと 25日平均線と75日平均線がデッドクロスを描こうとしています。

海外に進出している中国企業は間違いなく今後も伸びていくと私は考えていますが、いざ自分が買うかとなると難しいですねぇ。政府の介入をきにしたりして中々手を付けることができません。

情報ソース: TechCrunch

関連ニュースです。

EV市場でトヨタ・マツダ・ダイハツを中心に巨大な日本企業連合が出来上がりつつありますね。テスラなんか眼中にありません。

トヨタ自動車(7203)曰く、「EV市場でテスラ(TSLA)は眼中にない」
ドイツ紙(シュピーゲル)がトヨタ会長にインタビュー トヨタ自動車の内山田会長が、ドイツのニュース週刊誌の記者に対して、電池式の電気自動車(EV)はまだ量産する段階にはないとの認識を示しました。この記事の末端が面白い締めくくりでした(笑)

日産自動車の無資格検査問題は、いろいろ考えると大した問題じゃないように思えてきました。完成検査はメーカー責任で軽微に行うものと国交省が定めていた規定のようですし、輸入車には完成検査は全然行われていない現状のようです。国内出荷分だけ行う完成検査とか意味なくないですか?

テスラ(TSLA) vs 日産(7201)、EVの盛り上がりに水を差す検査不備
国内販売に打撃も 再検査90万台の恐れ 日産自動車が免許を持っていない検査員が新車のチェックをしていたことが分かりました。

トヨタは2040年までにガソリン車を廃止するつもりです。さようなら、原油文化・・・。

トヨタ(7203) ガソリン、ディーゼルエンジンのみの車種を生産停止
トヨタ自動車の役員がついに発言 少し前に、社長が「既存車種を廃止する」とは言い辛いだろうという記事を書いていました。
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ