スポンサーリンク

nVIDIA(NVDA)、ブロックチェーン処理のデータセンター利用を認める

スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。年末年始は、ブログさぼりました!おかげさまでNintendo Switchやダラダラ溜まった漫画読みなど自堕落な生活をさせて頂きました。今年も、仕事を1番、株を2番、ブログを3番に頑張っていきたいと思います。本年も詰らないブログを見に来て下さった皆様に有意義な1分を過ごして頂けるようがんばりたいと思います。

スポンサーリンク

年明けのnVIDIAは順調です

年明け、ハイテク系の米国株は急騰しています。私のメイン株nVIDIAも株価爆発です。何が起こったのでしょう?

NVIDIAはこのほど、GeForce向けドライバの使用許諾契約書(EULA)を変更したことについて公式コメントを発表した。

変更されたGeForce向けドライバのEULAでは、ブロックチェーン処理を除く、データセンターへのGeForceおよびGeForce向けドライバの導入を禁止する条項を追加した。


データセンターへの導入の禁止。データセンターへの導入の目的では、本ソフトウェアのライセンスは付与されていません。ただし、データセンターにおけるブロックチェーン処理を行うことは許されます。


(出典: マイナビ)

この声明こそが、年初株価更新の材料でしょう。ブロックチェーン処理に利用することがOKな理由は、データセンター用に設計されていないGeForceがハード障害を起こしても直ちに人類の生命に影響を及ぼさないなどが理由なのでしょうか。

AIを駆使した産業は、自動運転やロボット動作など障害を引き起こすことにより人体への影響が考えられると思います。この分野でハード障害が発生し、人が死んだなどの事件が起こればnVIDIAは訴訟を起こされる可能性があります。裁判が起こる前にその可能性を摘むnVIDIAこそ先見性があるのかもしれませんね。

仮想通貨マイニング処理や台帳整合性の目的で利用されることの多いブロックチェーンであれば問題ないですよーとのことですが、商業目的が生命に関わる内容になればまた規約更新も考えられるでしょう。

# 生命、人体影響というのは私見です。

nVIDIA 1/4の株価

25日平均線、75日平均線がゴールデンクローッス!(あほですか私。上のグラフデッドクロスじゃないですか(笑))最近低迷していた半導体の代名詞、nVIDIA株価完全復活です。私は、2021年の完全自動運転革命に向けてnVIDIAをずっと応援していきたいと思います。

情報ソース: マイナビ

関連ニュースです。

nVIDIAの高速演算処理におけるライバルは、Intel (CPU)とGoogle(TPU)です。しかしながら私は彼らとは土壌が異なると考えてます。Intelは追い上げようと必死ですけどね。

nVIDIA(NVDA)の揺らぐ信頼、ライバルはCPU/TPU?
nVIDIAは天狗になった? nVIDIA周りで悪い噂です。データセンターに低価格帯GeForceの利用を差し止めるような規約変更を行ったそうです。nVIDIAの2018年はどうなるのでしょうか?

過去最高の210ドル台を記録したNVDA株。12月末現在、利確と半導体離れにより一時的な下落が続いていますが、200ドルを戻しそうな勢いがあります。#1月にすぐ戻しましたね(笑)

nVIDIA(NVDA) 売上高32%増 過去最高 、株価の動きは
nVIDIA 堅調すぎます 画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが8~10月期の決算を11/9に発表しました。株価は調整局面に入ると思いきや・・・

nVIDIAが所有する自動運転技術を追随できる会社はそうそういません。

NVIDIA(NVDA)約13倍性能のAIコンピュータボードを発表。レベル5自動運転が実現可能に
高性能な自動運転用のコンピュータボードを発表 NVIDIA オートモーティブ部門 シニアダイレクター ダニー・シャピーロ氏は「DRIVE PX PEGASUSは320TOPSの性能を実現し、レベル5の自動運転を実現することが可能だ」と述べ、...

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ