スポンサーリンク

nVIDIA(NVDA)、CES2018にて320社提携を発表。VWのAI採用にも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年のnVIDIAも始まりました

1/7に開かれたCES2018(エレクトロニクス関連の展示会)の開幕に先立ち、記者発表会を開催しました。今年も株主の期待を裏切らないNVDAですね。

自社の半導体をベースにAIプラットフォームや自動運転プラットフォームを提供するNVIDIAは、米国ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジーイベント「CES 2018」に合わせ、1月7日(現地時間)同社独自の発表会を開催した。

 その中で、NVIDIA CEO ジェンスン・フアン氏が、フォルクスワーゲンが将来のラインアップにNVIDIAのAIシステムを採用することを発表。同社のカンファレンスにフォルクスワーゲンCEOのDr.Herbert Diess氏が登壇した。

 NVIDIAの自動運転用AIシステムは、アウディ、メルセデス・ベンツ、トヨタ自動車などが採用することを発表しており、世界最大級の自動車メーカーがこぞって採用することになる。

世界の名立たる企業がnVIDIAを採用している訳ですよ。AMDやGoogleやIntelではありません。nVIDIAの株が下がるたびにnVIDIAの時代は終わったと煽り記事が多く出ますが、nVIDIAは始まったばかりであるということを世界の自動車企業が示してくれています。

自動運転開発にはnVIDIA

さらに、米Google社で自動運転開発を統括してきたChris Urmson氏が立ち上げたITベンチャーの米Aurora社も、DRIVE Xavierを採用する。「レベル4」および「レベル5」の完全自動運転の実現を目指す。Urmson氏は「完全自動運転システムを実現する上で、DRIVE Xavierの演算能力が重要な役割を担う」と期待を寄せる。

Googleの自動運転開発を統括してきた人物のITベンチャーでさえGoogleを選ばず、nVIDIAです。2021年までnVIDIAを見逃せないと共に、2021年に株価が業績ベースで爆発しそうです。

NVIDIA社は、Xavierを搭載する車載AIコンピューターをもう一つ用意している。それが、完全自律型ロボットタクシーの実現に向けた「DRIVE Pegasus」で、320TOPSの演算能力を備える。

 DRIVE Pegasusは2018年後半に供給を開始する見込みで、米Uber Technologies社が開発中の自動運転車に搭載する。配車サービス用の車両や貨物トラックなどを自動運転にすることを目指す。同社は現在DRIVE PX 2を使っているが、さらに高い演算能力を求めて次世代品の採用を進めるという。

Taxiの自動運転が目の前に来ています。人類がドライバーのいないタクシーに慣れるのにどれぐらいの時間が掛かるでしょう?今若いタクシードライバーの方は身の振り方を考えておくべきかなと個人的には思います。

1/9 nVIDIAの株価は?

52週株価更新です!握力弱めでもいいので握っとけって話ですよ。私は180ドル台で買い増し成功しました!握っとくだけの簡単な仕事です。株式投資は自己責任で~。

情報ソース: 日経テクノロジー, CarWatch

関連ニュースです。

GoogleとUber社によるタクシー自動運転計画が進んでいます。

タクシー主体の自動運転市場について(Uber, Google系列子会社)
 Uberが空飛ぶタクシーを実験 遂に映画「フィフスエレメント」の世界が再現される訳ですね!と・・・思ったら何か違う。米Uberが進める空のタクシー事業とは?

nVIDIAのペガサスに並ぶ自動運転技術は他にありません!

NVIDIA(NVDA)約13倍性能のAIコンピュータボードを発表。レベル5自動運転が実現可能に
高性能な自動運転用のコンピュータボードを発表 NVIDIA オートモーティブ部門 シニアダイレクター ダニー・シャピーロ氏は「DRIVE PX PEGASUSは320TOPSの性能を実現し、レベル5の自動運転を実現することが可能だ」と述べ、...

Appleの自動運転技術開発に取り組んでいます。

Apple(AAPL) 開発中の自動運転車、これはいいコンセプト
Appleの自動運転車が撮影される Appleの事、よく調べられてませんでした。自動運転技術にも取り組んでいるんですね。いやはや、知識不足でした。
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ