スポンサーリンク

米アルファベット(GOOGL)、ITセキュリティ事業の新会社を設立!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグル、セキュリティ業界に本格参入

セキュリティ業界においてGoogle Zero Projectの貢献といったら業界関係者は周知の事実だと思います。ネット広告を主な収入源とするGoogle社は事業多様化が進んでいますが、サイバーセキュリティ分野でも力を入れるとなるとセキュリティ会社にとっては脅威ですね。

米グーグルがITセキュリティー事業に本格参入する。親会社の米アルファベットがITセキュリティー子会社のクロニクル(Chronicle)を設立したと25日明らかにした。機械学習ソフトや高度な検索技術を駆使することで、企業の扱う大量のデータを他社のサービスに比べて高速かつ低コストに分析し、マルウエア(悪意のあるソフトウエア)といった脅威を高い精度で検知するサービスを提供する。

ロイターは、「アルファベットの資金力や顧客企業との関係を考慮すれば、新会社はシマンテックやパロアルトネットワークス、サイランスなど大手ITセキュリティーベンダーの脅威になる」と指摘する一方、「IT大手からの小規模の事業分離は必ずしも短期間での成功を意味しない」とのIT調査会社アナリストの声も紹介している。

(出典: 日刊工業新聞)

いや、成功しますって。既存でGoogleのエンジニアがどれだけ世界のセキュリティ向上に寄与していると思ってるんですか。。そんな会社が低コストなマルウェア検知サービスを出すって言ってるんですよ。同じ業界に働く人にとってこれほど脅威なニュースはありません。

Googleは自動運転技術にも取り組んでいます。当然、IoT関連のセキュリティ対策も実施してきそうです。これは、、アルファベット株が欲しくなりますね。1/25夜の株価は見逃せません。逆に上がらなかったら買おうかな~と思ったニュースです。

これからは間違いなくIoTセキュリティの時代

  • 車の完全自動運転
  • AIマンション(HEMS)
  • 産業ロボットのAI化
  • 自立型AIロボットの進化

様々な「物」でインターネットが活用される時代がすぐそばまで来ています。購入したマンションや車がサイバー攻撃者に侵入されて、勝手に車が動いたり家の鍵が開きっぱなしになるなんてことを想像してみて下さい。

生活圏にまで侵入したインターネットは、必ず人の命や生活を守るセキュリティが必要なんです。Googleがセキュリティ分野に参入したというニュースで購買意欲が掻き立てられてしまいました(笑)

 アルファベット 1/25終値

買うタイミングとしてはテクニカル面ではあまりよくありませんね。。決算前には購入しておきたいなぁ・・・。購入せずに後悔しそうな気がします^^;

情報ソース: 日刊工業新聞

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ