スポンサーリンク

スプリント[S]株について考えてみる

スポンサーリンク

ソフトバンク<9984>の孫さんスプリント黒字化に貢献

米スプリント3年ぶり黒字 4~6月、コスト削減奏功
 【ニューヨーク=清水石珠実】ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話4位のスプリントが1日発表した2017年4~6月期決算は、最終損益が2億600万ドル(約230億円)の黒字となった。前年同期は3億20

ソフトバンクがスプリントを買収して念願の黒字化を達成しています。以下のように8/1に大きな陽線を描いているのですが、それ以降さえない状況が続いていますね。なぜでしょうか?

Sprint[S]社は、日本でいえば旧ボーダフォンのような会社です。NTT DocomoやKDDIが日本の携帯市場を席捲している中、頑張っていた日本市場3位だった会社です。

買収報道で話題のスプリントとはどのような会社なのか? - NAVER まとめ
全米第3位とはいえ、日本で暮らす多くの人にとって、スプリントはあまり馴染みのない通信事業者だと思いますので、各種データとともにまとめました。

そんな会社をソフトバンクの孫さんが2012年に買収しました。以下は2012年時点の日本経済新聞の記事です。

この後、ソフトバンクはメトロPCSコミュニケーションズの買収を断念、代わりにTモバイルUSAが2013年にメトロの買収を完了しています。

T-Mobileとの経営統合を試みるソフトバンク(スプリント社)

孫さんはアメリカ4位のTモバイルUSAとの合併に力を入れています。

なぜこのタイミングでソフトバンクはT-Mobileとの合併を模索するのか (1) 新たなFCC会長の考え方
ソフトバンクグループの孫正義代表がSprintとT-Mobile USAの経営統合に向けた可能性を示している。かつて米当局に阻止され、一度は断念した計画が再び息を吹き返したのはなぜか。

簡単にいうと、「携帯電話のシェア拡大」のためです。ソフトバンクが歩んできた道をアメリカでも実現しようとしているんですね。

Consumers ReportがFacebookで意見招集 

Consumers Reportがこの合併交渉について、意見の招集を呼びかけました。

Consumers Worry That Sprint, T-Mobile May Revive Merger Talks
Speculation that Sprint and T-Mobile will revive merger talks is spooking consumers, but some cell phone analysts think it may be needed. Consumer Reports expla...

かなりネガティブな投稿です。「Sprintは顧客サービスが最悪だ」「Sprintを憎む」などの内容が書かれています。

経営統合が成功すると….

アメリカの携帯市場が三国志時代に突入します!文化の違いはありますが、合併が成功すれば孫さんがソフトバンクグループの経営者でいる限り私はスプリント株は上昇していくと思います。

ソフトバンク、ボーダフォンを1兆7500億円で買収
ソフトバンクはVodafoneの日本法人・ボーダフォンを買収することで合意したと正式発表した。買収総額は1兆7500億円。

ソフトバンクがボーダフォンを買収したとき、その後のソフトバンクの成長を誰が予見できたでしょうか。今では白い犬を看板とした巨大企業に成長しましたよね。孫さんを妄信している訳ではないのですが、彼の成功を信じても損はない気がします。

とはいえ、合併が成功するとは限りません。成功した場合は今の株価(8ドル程度)で購入することはできなくなるでしょうねぇ・・・。宝くじを買うと思って購入してみるのもいいかもしれませんね。

孫正義 300年王国への野望
  • 杉本 貴司
  • 価格   ¥ 1,944
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ