スポンサーリンク

アカマイ [AKAM] 世界のインターネットを守る守護神

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Akamaiが日本に浸透してきているのをご存知ですか

私この会社の名前を最初に聞いたとき、「赤米(あかまい)?そんな日本企業あったっけ?」と同僚に聞き返してしまいました。そんなAkamaiが日本企業に浸透していってるのをご存知ですか?

まずは、Akamaiがどんな会社なのか説明しましょう。

DDoS対策や大量アクセスから企業のホームページを守ります

最近私はサイバーセキュリティ株押しな理由は、「DDoS(ディードス)攻撃」と呼ばれるセキュリティ攻撃により企業のホームページが潰されることが多いためです。普段我々が利用している銀行や証券会社、FX業者、仮想通貨業者といった「お金」に関する企業のホームページが狙われています。

サイバー株上昇の並が来そうです
DDoS攻撃(大量Webアクセス攻撃)が増えてます 金融系以外にもDDoS攻撃の間の手が届き始めているようです。 「本日10時15分頃より、当社サイトに対するサイバー攻撃(DDOS攻撃)があり・・・」 / メンテナンスニュース|ヒロセ通商 ...

DDoS攻撃とは

DDoS攻撃とは、ネットワークを通じた攻撃手法の一種で、インターネット上の公開システムへ処理負荷を与えることで、システム機能停止を狙った攻撃です。お客さま側で、公開サーバーの前段にDDoS対策製品などを導入していても、ご契約中のインターネット回線帯域が逼迫してしまう可能性があり、必ずしも実効的な対策とは言えません。(出典:NTTPC)

DDoS攻撃には、Akamai

このDDoS攻撃に対し、Akamaiは非常に有効な防御策を持っています。それが「CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)」と呼ばれる手段です。

コンテンツデリバリーネットワークサービスは、グローバルに分散配置したキャッシュサーバーによる高機能コンテンツ配信サービスです。お客様のウェブサーバーの代わりに、各エンドユーザーに最適なキャッシュサーバーからコンテンツを配信することで、ウェブサーバーの負荷を下げるとともに、配信パフォーマンスを向上させます。また、静的な画像コンテンツだけでなく、動画などの大容量配信や、BtoBアプリケーションなど幅広いニーズにも対応可能なサービスです。

(出典:NTTコミュニケーションズ)

んー業者の説明では、難しいですね。要するに、DDoS攻撃は大量に「Webを見たい!」というリクエストを1企業のホームページに叩きつけてきますので、それを企業のホームページで受けずに手前の「クラウド空間にあるサーバー」ですべて受け止めます!というサービスがCDNの本質です。

Akamaiは、この「クラウド空間にあるサーバー」を数十億台保有しており、世界のインターネットアクセスを企業のホームページに到達させず、自分達のクラウドの中で処理しています。クラウドっていうのは上記図の「」みたいな場所です。そこにオレンジ色のサーバが無数にあり、企業のホームページ(オリジン)までアクセスが届く前にユーザにページを表示してくれます。

この仕組みは、「DDoS攻撃」にも有効なことが分かりますか?攻撃者は、大量のサーバやウイルス感染させたPCを用いて企業のホームページを攻撃してきます。これをAkamaiのCDNは易々と受け止めてしまうわけです。まさに世界のインターネット世界の守護神です。

日本企業がAkamaiを採用しています

AkamaiのCDNは、日本企業で採用され始めています。

任天堂

任天堂のアカマイ導入事例全一覧 | Akamai
任天堂によるアカマイの最新導入事例が一覧できます。任天堂の新規事業の土台を下支えするソリューションや、グローバルに事業を展開する任天堂だからこそ世界同時配信及び同時発売を実現するアカマイの最新テクノロジーをご紹介する。

ANA(全日空)

画像のクオリティを維持したまま快適なサービスをお客様に | Akamai
AkamaiのImage Managerを導入し、画像のクオリティは維持、また画像読み込み時間の短縮に成功。画像サイズを落としてもクオリティ維持を可能にした事例をご紹介。

HONDA(本田技研工業)

グローバルサイト 事例 | Akamai
本田技研工業のグローバルサイト 事例をご確認下さい。Akamai導入により、1つのURLでのPCやスマホ対応サイトを実現。大量のアクセス対応を可能にしました。

楽天

高速DNS+グローバルロードバランサソリューション | Akamai
Akamaiの高速DNS+画像変換ソリューション・イメージコンバーターは楽天のグローバル展開をサポート。またグローバルロードバランササービスによりサイトの安定性向上にも対応。

挙げるときりがありません。このCDNという技術はかなり万能で、DDoS攻撃も防いでくれますが、「突発的なインターネットアクセス時」にも役に立ちます。

上記に挙げた企業で考えてみますと、

  • 任天堂があたらしいマリオシリーズを発売し、ホームページを立ち上げた
  • 天候状態が悪く飛行機が飛ぶのかANAのホームページで知りたい
  • ホンダが新車を発表し、非常に好評である
  • プロ野球球団の楽天が優勝し、優勝セールを楽天広場で実施

これらのイベントがあると、人は企業のホームページにアクセスします。しかも、そのイベントの時だけ通常の数倍、数十倍、数百倍のアクセスが来るわけです。企業は、その突発的な出来事のためにサーバーを増強しておくのはもったいないですよね?普段は使わないんですから。そんなときに役に立つのがCDNです。何もDDoS攻撃を守る手段ではなく、普段のイベントにもAkamaiのCDNは役に立ちます。

サイバー攻撃を受ける銀行の事例がありませんね?

そんな事はありません。Akamaiを採用している銀行は沢山あります。

これは、「三井住友銀行」のホームページ(www.smbc.co.jp)のDNS(ディーエヌエス)情報を調べた内容です。

DNSとは、ホームページのIPアドレス(111.111.11.***)についた名前のようなものです。ブラウザのアドレスバーの部分に表示されるwwwから始まる名前のことです。

IP Location(IPの場所)に、Akamai Technologies Inc. とあるのが分かりますか?三井住友銀行が、www.smbc.co.jpという企業のホームページでAkamaiを採用し、DDoS攻撃からホームページを守っている根拠がこれです。調べるをきりがあないのですが、都市銀行に続き地方銀行でも多く採用されています。

改めてAkamaiを採用する世界企業をみてみましょう

アップル (https://www.apple.com)

アマゾン (https://www.amazon.co.jp)

テスラ (https://www.tesla.com)

世界で上から数えて何番目?という企業がAkamaiを採用していることが分かりましたでしょうか。それだけ、AkamaiのCDN技術は世界の中で希少であり、あらゆる企業のビジネスを支えていることが想像できると思います。

そんなAkamaiのCDNを日本で販売している業者は?

CDNでWEBサイトの表示速度を高速化|ブロードメディア・テクノロジーズ
CDNとはWEBサイトの表示速度の高速化やアクセス集中時の負荷分散、容量の大きなファイルの安定配信を実現するサービスです。ブロードメディア・テクノロジーズでは、世界最先端の技術サービスをご提供し続けることで業界を問わず重要なWebサイトを運営されている多くのお客様をサポートしています。
Akamai (アカマイ) Web セキュリティ | セキュリティ対策のラック
高速で信頼できるコンテンツ配信は、サイト訪問者の満足度やサイトの信頼性に大変重要です。Akamaiが提供する世界最大のコンテンツ・デリバリ・ネットワークが、規模・複雑さが増すサイバー攻撃の脅威からWebサイトを守り、高速で安定したサービス提供をサポートします。
http://ecc.ibm.com/case-study/us-en/ECCF-ORC12392USEN

プラチナパートナーを並べてみました。「ブロードメディアテクノロジーズ」「ラック」「(世界のバフェットが捨てた)IBM」(笑)です。

私がラック株を購入した理由もここにあります。毎度毎度株価が伸びずに(#゚Д゚)y-~~イライラしますが(笑)

最初に購入した日本株:ラック(3857)
私が一番最初に購入した日本株は、<3857:ラック>さんです。 私がこの株を購入した意味はいくつかありました。

まとめ

さて、Akamaiの凄さをご理解いただけたでしょうか?

ビジネスシーンから考えると、マイナーな部類なのか株価は伸び悩んでますね。(というかジワジワ上げてるかな?)サイバーセキュリティ攻撃といえばDDoS攻撃が日本で一番有名になりつつあるので、人気が出てくるかもしれません。この会社がつぶれることは想像できないですし、世界の企業のホームページを支えている事実があります。グロース株とは言いにくいチャートですが、安定型として株購入を検討されてはどうでしょう?株式投資は自己責任で~。

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ