スポンサーリンク

リミックスポイント(3825) 認可前夜 明日は天国か地獄か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨取引所の監視が始まります

今日は認可目前のリミックスポイントについて「株初心者packman」が語ろうと思います。今朝方、私がリミックスポイントの短期購入を決めた理由を書きました。

リミックスポイント[3825] 仮想通貨取引所 金融庁認可間近?
私がリミックスポイントの株を購入した理由今朝はリミックスポイントの購入理由と昨今の動きを書いてみます。9/26 ビットコイン配当とも思われる株主への仮想通貨配布を発表(IR) 9/28 BSジャパンにリミックスポイントの社長出演...
  • 9/26 ビットコイン配当とも思われる株主への仮想通貨配布を発表(IR)
  • 9/28 BSジャパンにリミックスポイントの社長出演(仮想通貨特集)
  • 9月末 金融庁による仮想通貨取引所の認可待ち
  • 直近の北朝鮮問題や中国仮想通貨取引所停止から株価が急落し、徐々に上昇トレンドへ転換中(日足)
  • 9/27 MACDがGCを描く
  • 直近数ヶ月だけの目線で見て、ストーストキャスティクスが上向き(エントリーポイントがちと遅いのですが・・・)
  • 9/26 移動平均線(フィボナッチ)では、8-13の平均線でGCを描いてます

仮想通貨取引所として金融庁が「認可」を出す予定な訳ですが、それは「監視」の始まりを意味します。

仮想通貨取引所を監視=10月以降、本格化-金融庁:時事ドットコム
 金融庁は10月から、「ビットコイン」などを取引する国内の仮想通貨取引所への監視を本格化する。顧客資産を保護する体制などをチェックし、必要があれば立ち入り検査も行う。仮想通貨をめぐっては、新たなサービス創出が期待される一方、詐欺や資金洗浄(マネーロンダリング)

金融庁は10月から、「ビットコイン」などを取引する国内の仮想通貨取引所への監視を本格化する。顧客資産を保護する体制などをチェックし、必要があれば立ち入り検査も行う。仮想通貨をめぐっては、新たなサービス創出が期待される一方、詐欺や資金洗浄(マネーロンダリング)に利用されているとの指摘もあり、同庁は技術革新の促進と監視の両面で対応していく方針だ。

(出典:時事通信社)

大いに結構。仮想通貨が犯罪に使われるのは反対です。決済可能通貨として世の中に出でて、既存業界の手数料ビジネスからの解放を願っています。また、顧客の資産である仮想通貨を高いセキュリティで保護してほしいです。昨今では、金融業界を狙ったサイバーセキュリティ攻撃が多く、先物取引に近い現状の仮想通貨取引では大損害を被る顧客が沢山でることは目に見えてます。

サイバーセキュリティ株が上がりそうな記事を書く①
Phantom Squad を名乗る攻撃者からの DDoS 攻撃 本当は、株ネタを話したいのですが、仕事柄どうしても情報を多くとらえるサイバーセキュリティに記事が寄ってしまいますね・・・^^;仕事が多いことは良いことですが、暇で株ネタ探しをできる時間が...

元金融庁長官を迎え入れるリミックスポイント

BITPointの特別顧問就任のお知らせ -元金融庁長官 弁護士 日野正晴氏を招聘- | Remixpoint
小売電気事業への参入を含めて、変化する市場にチャレンジする(株)リミックスポイントのサイトです。

株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都目黒区東山1丁目5番4号KDX中目黒ビル、代表取締役:小田玄紀)(以下「当社」)の子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下「BITPoint」)は、特別顧問として元金融庁長官である弁護士 日野正晴氏を招聘し、同氏はこれに就任することになりました。

(出典:リミックスポイント)

いやー、これですよこれ。リミックスポイントが認可されないはずがありません。仕事柄金融関係の方とお仕事をすることもあるのですが、金融業界で「元上司という存在」が如何に大きいことか。それは、一生変わらない上下関係です。あなたの会社の上下関係は厳しいですか?私の会社はフラットな方ですね。ですから、金融関連会社の方の上司と部下の関係を見るだけで「ここは違う世界か」と思うほど絶対的権力を感じます。

ましてや、今回は現金融庁 vs 元金融庁長官です。もうこれ以上は言いません^^;

空飛ぶビットコイン

BITPointがPeachと業務提携 -フライトから現地の買い物・宿泊・飲食までをビットコインでする旅を企画- | Remixpoint
小売電気事業への参入を含めて、変化する市場にチャレンジする(株)リミックスポイントのサイトです。

具体的には、Peachのフライト航空券の購入時の代金決済にBITPointのビットコイン決済を導入するとともに、旅行先での土産物販売店・飲食店・宿泊施設等でのビットコイン決済の普及、また、ビットコインから現金を引き出すことのできる仮想通貨ATMの設置等を両社で共同して行い、まさに顧客利便性の高い、“仮想通貨でイケる旅行”を実現することを目指します。

(出典:リミックスポイント)

ピーチ・アビエーションは、ANAホールディングス(9202)の子会社です。完全子会社になってませんので、IPOからの上場となる可能性もありますね。秋口にサービス開始すると報じられておりますので、「認可」の後はこのニュースが次のビッグIRとなりそうです。時期が読めないので、リミックスポイントから目が離せません。5月このIRを出した直後、リミックスポイントの株価はSTOP高で張り付きました。

個人的には、セブン銀行(8410)やセブン&アイホールディングス(3382)との業務提携が行われれば理想ですねー。コンビニATMで仮想通貨引き出し。レジでそのままスマホ決済。近い未来に実現しそうな気がします。

FXのレバレッジ規制(最大25倍→10倍に引き下げ)

FX証拠金倍率の上限下げへ 金融庁検討、最大25倍から10倍に
 金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内取引高は約5千兆円に上る。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

(出典:日本経済新聞)

いや・・・こんなの分かってやってますよね先物、FXの人は。それでも個人資産を守って呉れようとする国の動きはありがたいですね。しかしながら、投機筋の人は10倍という数字にもの足りなさを感じるはずです。私もコツコツ派よりビッグウェーブ派になりたいと考えてはいるのですが、最近の失敗でコツコツ派に暫く転向です。。

INEST[3390] 損切り、私的大損害・ω・
INEST 売りました昨日(平成 29 年 9 月 21 日)、代表取締役であった元役員より、平成 24 年頃から断続的に当社および当社子会社(以下、当社グループ)が取引先に支払った金銭の一部について、不正に金銭を受領していたとの自己申告があ...

投機筋の人は、次のステップとしてどこを選ぶでしょう?私は仮想通貨市場だと思います。現時点では、仮想通貨取引でFXのようなレバレッジ規制は掛けられていません。リミックスポイントも25倍を掛けることができます。またもや投機で盛り上がりそうな仮想通貨です。

9/28 今日のリミックスポイントの値動き

堅調な上昇気流でした。予想した通りです!PTSも21:42時点で1205円をつけてます。明日の認可への期待が高まってますね。明日も、10%は上がるかもしれませんね。

実は、リチウムイオン電池関連銘柄 FDK(6955)にも注目してまして、こちらは乱暴にSTOP高まで騰がっていきました。(私の含み益?フフフフ) リミックスポイントが霞んで見える一日でしたが、潜在力はリミックスの方が!と思いたいです。

5000円ではじめる仮想通貨投資入門
  • 上野義治
  • 価格   ¥ 1,620
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ