スポンサーリンク

仮想通貨決済システム増加、値幅制限の仮想通貨開発に動き

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨の決済システム提供の動き相次ぐ

NHKニュースより、仮想通貨を利用した決済システム提供の動きが加速しているとのことです。仮想通貨周りの決済ビジネスには資金が集まっていますね。

インターネット上でやり取りされる仮想通貨の利用が増える中、「ぐるなび」など飲食店の情報を提供する会社の間では、ビットコインで代金を支払うことができるシステムを飲食店などに提供する動きが相次いでいます。

(出展:NHKニュース)

飲食店で仮想通貨決済とは今風ですねぇ。合コンの支払いでビットコイン決済とかしている人が居たらカッコいいです(笑)

「ぐるなび」企画開発本部の岩田真治グループ長は「仮想通貨の利用が多い外国人旅行者は、今後も増えると思うので、飲食店がこうした需要を取り込めるよう支援していきたい」と話していました。

また、飲食店などの情報を提供している「リクルートライフスタイル」も、ことし7月からビットコインで支払いができるシステムの提供を始めています。

これまでに、大手メガネ販売チェーンがこのシステムを導入したほか、外国人旅行者を呼び込もうと個人の飲食店の導入も増えているということです。

メガネスーパー(3318)さんですね。同社は赤字経営が続いているため株価は低迷していますが、緩やか~に上昇している現状ですね。

ビットコインより値幅抑制 グーグル出身者ら仮想通貨を開発中

グーグルの元プログラマーらが開発中の「ベースコイン」で、ビットコインのボラティリティー(変動性)の大きさを抑制し、より安定した仮想通貨を目指すものだ。もう一つはグーグルとアマゾン・コム、マイクロソフトの元開発者が取り組んでいる「サイフェリアム」で、拡大する作業量により容易に対処できるようにする狙いがある。

(出展:産経Biz)

GoogleやAmazonの名前を聞くだけで、何故か流行りそうな気がしますよね(爆。元従業員というだけなので、過度な期待は禁物です。ビットコインは本日も6000ドルオーバーしている現状でその価値をバブル並みに高めています。現時点では、ビットコインが最も流通性が高いことから仮想通貨決済ビジネス周りも”ビットコイン”に集中しつつあります。

11月中旬に発生するであろう第4のビットコイン(仮称:セグウィット)分裂まではその価値を高め続けそうですが、その後急落する可能性は高いと思いますので仮想通貨取引に取り組んでらっしゃる方はご注意下さいね~。8月のビットコインキャッシュでは高騰劇を演じましたが、今回の蜜はそんなに甘くないと思います。(私見)

情報ソース:産経Biz, NHK

関連ニュースです。

つい最近、ウォーレン・バフェットによるビットコインバブル発言がありましたが、ビットコインにインフレが発生しているのは間違いありません。

重鎮ウォーレン・バフェット氏「ビットコインは資産価値なし」
ウォーレン・バフェット氏、ビットコインはバブル アメリカの著名な投資家ウォーレン・バフェット氏は、10月中旬に同氏の故郷であるネブラスカ州オマハで開催されたセッションでビットコインについて触れ、ビットコインは「バブル」であると発言したそうです。

ビットコイン分裂バブルとは?他の仮想通貨も暴騰・暴落影響を受けるでしょう

ビットコイン分裂バブルとは?他の仮想通貨も暴騰・暴落影響を受けるでしょう
ビットコインに分裂バブル 11月に第4の新通貨 つい最近、ウォーレン・バフェットによるビットコインバブル発言がありましたが、ビットコインにインフレが発生しているのは間違いありません。

JPモルガンのダイモンCEOがビットコインを「詐欺」扱いしました。

続・JPモルガンのビットコイン詐欺
前回のおさらいJPモルガンのCEOが、ビットコインレートを非難する投稿をしました。この発言は、中国の仮想通貨取引所閉鎖と連動してか、ビットコインの価値を40万から30万程度まで引き下げました。まさにジェットコースターです。9/15の部分に...

5000円ではじめる仮想通貨投資入門
  • 上野義治
  • 価格   ¥ 1,620
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ