スポンサーリンク

サラリーマンはスイングトレードが可能なのか?

スポンサーリンク

ここ3日の日経平均やマザーズを振り返る

ここ3日間の地合いはすごかったですね!少し振り返ってみたいと思います。ほぼ自分のためです。

  • 日経平均株価 (2017/9/4~9/6)

  • マザーズ指数 (2017/9/4~9/6)

まさに続落に次ぐ続落。日経平均、マザーズともに反発上昇していますが、窓開けの幅がすごすぎて日経は回復にまで至ってませんね。その分、前日のマザーズの地合いは最悪でした。さて、私はマザーズを主戦場としているので、もう少し幅を広げて考えます。

  • マザーズ指数 (過去6か月)

すごい急降下です。今年始まって以来の下げ幅だそうで。この急落原因は、先日のブログで自己解決しました。#仮想通貨じゃなくてICOでしたね。

9/5 マザーズ最悪の地合い
今日のマザーズは最悪でした。 投資を始めて以来、至上最悪の下げ幅でした。

サラリーマン(私)はザラ場中に発生したこの急落に対応できるか?

私はサラリーマンです。最初の月曜日の寄り付きいつも通りだなぁ~と株価をスマホで眺めていたら、意味の分からない急落が発生しだしました。値動きを張り付て見てる訳ではないため、会議の打ち合わせや仕事に集中している間に、どんどん下がっていった状態です。

正直、仕事中にこの値動きに手動で対応するのは難しいですね。仮にできたとしても、今の私の知識ではポジション解除できたかどうか、これから将来発生したときにポジション解除を判断するかどうか怪しいものです。(笑)

急落のリスク回避にはどのような手段があったか

では、サラリーマンである私がこの急落のリスクをどのように回避すればよかったのか、結果論ベースで考えます。


  1. 市場の上昇トレンドだけ参加
  2. 不規則な(よく分からない)脅威をシックスセンスで感じ取る
  3. 銘柄単位に逆指値を設定する
  4. 受け入れる

1.は「そりゃそうだ」初心者であれば、市場の上昇トレンド中に勝負しなさいということは、書籍やセミナー動画で勉強させて頂きました。楽してかつほうがいいにきまってますよね。けれども、私は1を選択してません。なぜならば、株をいつなんどきも楽しみたいが優先しているからです。勉強中ということで自分を千尋の谷に叩き落しているという感覚に近いです。楽しむのに飽きたら、楽なところで勝負したいとは思ってますが、実践できるか微妙です。(苦

2.は現状無理ですね!時間的制約もありますが、まず市場の値動きに反応できてません。Twitterで他の方が不穏な発言をされたことを感じ取るぐらいです。

3.が一番まともです。ある程度資産を増やせる感覚を理解してきたら、自分ルールで逆指値を必ずセットしてザラ場に挑みたいと考えてます。

4.は私が現在行ってる手段です。この選択肢もそれなりに楽しめるのですが、含み損ベースで動くことが多いので、ザラ場中は傍観するシーンが多いです。下手くそだから仕方ありません(涙)また、人にはおすすめしないやり方であることは間違いないのですが、選んだ基準が明確な銘柄、買った根拠人に語れるぐらいの銘柄は、下がってもホールドしてもよいかなと思ってます。

3を選べるようになるには、どうしたらいいんでしょうか。自分でもこれを始めようというきっかけがまだない状態です。まずは、含み損を抱えたり、含み益を利確する我慢をしたりすることで、仕事中でも狼狽しない精神力を鍛えてます。要するに値動きから発生する損益に慣れたいのです。だって普段仕事にならないんですもの(笑)。まずは動じない精神力を得たいです。

スイングトレードを選ぶ場合は、ある程度の期間は株をホールドする必要があります。その間あがり調子だけであれば問題ないのですが、株を初めて3ヵ月程度の人間が値下がりを経験しないわけがありません。

値幅利益を確実にとれるエントリーする方法を体感で身につける。これを今は実践しています。

書籍や他人に言われても実感できない

  • 市場の値動きを見るべし。
  • 値幅を意識するべし。
  • 含み損をかかえないように逆指値を。

書籍や動画、SNS、ブログ、いろんな体験談や経験則を勉強させて頂いてますが、私の性分や性格の問題なのか「自分が体感しないと納得できません」。であれば、自分自身が色々な失敗経験を積む必要があるのだと考えています。退場(投資から離れる)ことだけは無いように行動しようと思ってます。

誰でも最初から上手く投資できるはずはありません。投資の先輩方も短い・長いの違いはあるかと思いますが同じ道を歩んできているはずです。私もその道を歩みながら、次のステージへ昇りつめていきたいなと考えています。

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ