スポンサーリンク

WordPressサーバー選び | WordPressのすゝめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPressサーバー選び

世の中には、レンタルサーバー(月額で個人にサーバー環境をレンタルしてもらうサービス)を提供している会社が沢山あります。正直どの会社を選んだらよいか分かりませんよね。そんな方の手助けになると嬉しいです。

サービス名月額お薦め契約プラン無料キャンペーン

ロリポップ

500円~

スタンダードプラン(6ヵ月以上)お試し10日間
wpXレンタルサーバー

1000円~

(別途初期費用)

12ヵ月契約お試し14日間
ファーストサーバー890円~プランS (12ヵ月契約)

お試し14日間

Z.com WP

1060円~

(別途初期費用)

ベーシックプラン(12ヵ月契約)

なし

いろいろありますね。一番安いプランを並べてもよかったのですが、ブログをある程度継続することを前提に表現してみました。しかしながら、継続できるのか、自分で運用できるのか心配ですよね。お試しプランを惜しみなく契約してみて、管理画面が使いやすいサービスを選ぶとよいかもしれません。

選定ポイント1:ディスク容量

ブログをどれだけ続けるかにも寄りますが、ディスク容量は十分にあった方が安心しますよね。各サービス単位に 1GBのディスクの単価を計算してみました。

サービス名ディスク容量GB単価(月額)

ロリポップ

120GB

4.2円
wpXレンタルサーバー

30GB

33.3円
ファーストサーバー300GB3.0円
Z.com WP

30GB

35.3円

圧倒的に「ファーストサーバー」が安い!動画や画像サイズの大きなファイルをアップロード予定のブログは、ファーストサーバがオススメです。

選定ポイント2:Wordpressインストールの簡単さ

インストールなんてWindowに入れるソフトウェアぐらいしかないよ・・・、と自信がない人も沢山いると思います。心配する必要がありません。各社マニュアル提供が優れています。

サービス名WordPress インストール方法

ロリポップ

設定マニュアル
wpXレンタルサーバー設定マニュアル
ファーストサーバー設定マニュアル
Z.com WP設定マニュアル

マニュアルに沿った操作をするだけで、あら不思議 WordPressが構築されてしまいます。誰でもすぐにWordpressの設定が分かる訳ではありません。特に「wpXレンタルサーバー」は本格仕様ということもあり、マニュアルが充実していますね。

選定ポイント3:SSLサーバ証明書の提供

SSLサーバ証明書ってご存知ですか? 「http://~」で始まるアドレスを「https://~」に変えるために必要な証明書です。簡単にいうとブログにアクセスするために、暗号化された通信でやり取りするために必要なものという理解で大丈夫です。

そんなもの必要なんですか?と言いたくなりますが、結構大事なんです。例えば、ブログ上にお問い合わせ画面があるとしますよね。名前とかメールアドレスとかコメントとか書く場所(フォーム)です。

書く内容は個人情報を含んでいることもあるでしょう。そのとき、「http://~」で始まるページで提供されていると、インターネット通信上でその内容を盗み見ることができてしまうのです。どうやってやるんですか?という話はちょっと難しい話になるので割愛します。ブログ読者にデータ送信の安全性を約束するためにも「https://~」で始まるサイト提供は重要です。

また、Googleは 「https://~」で始まるサイトを検索結果の一番上の方に優先的に持っていくよ!(SEO対策)と明言しています。ブログを沢山の人たちに見てもらうためにSSLサーバ証明書が大事だってことは分かりましたか?SEO対策については、また別途述べようと思います。

サービス名SSLサーバ証明書 提供価格

ロリポップ

無料

wpXレンタルサーバー

無料

ファーストサーバー無料
Z.com WP

月額100円

SSLサーバ証明書が「無料」なんていい世の中になりましたよねぇ。ブログを開設したら必ずSSL化を忘れないようにしましょう。

選定ポイント4:自動バックアップ機能

私もブログを開設するまで「Wordpress」を触ったことがありませんでした。Wordpressプラグインや装飾などをいろいろ触っているうちに「サーバー環境を壊したらどうしよう。壊れたときに元に戻せるかな?」と不安になることがあります。そんなときバックアップがあったら安心ですよね。

サービス名バックアップ費用バックアップ内容

ロリポップ

月額300円
  • 7日分
  • 自動
wpXレンタルサーバー無料
  • 14日分
  • 自動
ファーストサーバー無料
  • 3日分
  • 自動
Z.com WP無料
  • 3日分
  • 自動

提供されるディスク容量のことを考えると「ファーストサーバー」は優秀ですねぇ。

選定ポイント5:セキュリティ

WordPressはバージョンアップを怠ると、外部からのセキュリティ攻撃でウイルスを設置されたり、改ざんを受けてHな画像や犯罪者の画像を表示させられたりすることがあります。

150万サイトが被害、WordPressを狙った改ざんの教訓
 2017年2月、コンテンツ管理システム「WordPress」を利用するWebサイトの改ざんが相次いだ。世界中で155万以上のサイトが改ざんされ、国内でも多数の攻撃が確認された。原因は、WordPressの脆弱性(バグ)。あまりに深刻な脆弱性だったため、修正版の提供を先行し、脆弱性の詳細情報の公開を1週間遅らせたものの...

セキュリティ対策がばっちりなサーバを選びたいですね。

サービス名セキュリティ対策対策費用

ロリポップ

  • SSH接続
  • WAF提供
  • ウイルスチェック
なし
wpXレンタルサーバー
  • 国外アクセス遮断機能
  • 不正ログイン通知

なし

ファーストサーバー
  • SFTP接続
  • ウイルスチェック
  • Web改ざん検知(有償)

Web改ざん検知

(月額1,800円)

Z.com WP
  • SFTP接続
  • 不正ログイン通知

なし

ここで目を引くのは「ロリポップ」です。サーバーのウイルスチェックを実施し、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)をなんと無料提供してくれています。ファイアウォール、かっこいい名前ですよね!

WAFとは、ソフトウェアの脆弱性を狙ってくる攻撃をブロックしてくれる機能です。あなたのブログに設置したコメントフォームを使って攻撃してくる犯罪者からも守ってくれますし、Wordpress自体にセキュリティ的な問題を抱えていた(例えば、バージョンアップを忘れていた)場合にも、WAFはあなたのブログを守ってくれます。

WordPressのバージョンアップなんてワンクリックでできますので、ご安心を。

ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

まとめ(私のオススメは…)

総合して、私のおすすめは・・・

ロリポップ」です。セキュリティ機能がありつつ、SSLサーバ証明書無料、ワンコインの月額でお財布にも優しい!ブログを始める環境としては満点じゃないでしょうか。アクセス数が増えてきて、容量も増やしたいと考えたときに「wpXレンタルサーバー」への移設も検討しようと思います。

これからWordpress環境を用いてどのようにブログを作成していくのか、週次で記事を書いていこうと思います。来週をお楽しみに!

他にもこんな記事が読まれています。
他にもこんな記事が読まれています。

スポンサーリンク
よろしければクリック応援お願いします。
↓よろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ